英語の暗唱・フォニックスとあわせて読む力を強化

お気楽英語子育て
>読むこと(暗唱/CTP)
 目的別取り組み *読むこと(暗唱/CTP)*

最初にお断りしておかなくてはいけないのですが、プチーは本格的には暗唱には取り組んでおりません。[暗唱のため]のかけ流しもしておりません。(特に、四歳後半以降はかけ流しはほとんど100パーセントスペイン語のものにかえてしまいました)けれども、暗唱をふまえての取り組みや、暗唱に近いような取り組みをサリーなりにしておりますので、こちらでご紹介します。

 ・三歳の頃の様子は<三歳の頃の暗唱>
 ・四歳の頃の様子は<四歳の頃の暗唱>
 ・暗唱にも使えるシリーズ絵本のことは<CTP Learn to Read シリーズ>

リンクからとんでみてください。

スクロールが大変でも大丈夫、という方は(つまりページが縦に長いのです!)この下からどうぞ気長にみてみてください。


三歳の頃の暗唱
四歳の頃の暗唱
CTP Learn to Read シリーズ
                            ↑ページトップへ 
 三歳の頃の暗唱

三歳になってすぐ、まず一冊、暗唱をさせてみようと思って取り組んだ絵本は音源もついていないようなただの絵本で、サリーが読み聞かせ続けてみました。(ちなみにその絵本はWhat Is Square? という本でした)

リズムと言うかゴロがいい絵本だったため、すぐにリピートしたがりました。内心大喜びしながらリピートをさせたのを覚えています。その後、具体的に何日かかったかは覚えていませんが全く苦にはならない程度ですからきっと数日後、うまく覚えることが出来ました。

この一冊目の暗唱が意外とスムーズに進んだため、もっと計画的に暗唱を進めるべく、CTP(Creative Teaching Press)のLearn to Read というシリーズ絵本を購入しました。(サリーは42冊だけ購入しました)サリーにしては珍しく音源のテープも購入しました。サリーが読んでやるだけでなく、テープをかけ続けることによって、より簡単に、手間をかけずに暗唱させてやろう、と考えたためです。

ところが、それまで絵本といえば必ずサリー自身が読んでやっていたものですから、このシリーズ絵本も当然サリーに読んで欲しがります。テープをかけ流すこと自体はとくに嫌がりはしませんでしたが、かけ流すための時間をうまくとることが出来なかったのと、結局母親の声で読んでやる方がいいような気がしたのとで、積極的なかけ流しによる暗唱というのには失敗してしまいました。

失敗のもう一つの大きな要因は、暗唱の様子をどうしてもビデオに残したくて、嫌がるプチーに何度もビデオカメラの前で暗唱するように頼んでしまったことです。そのビデオ撮影が待っているとわかると当然、暗唱自体をしたがらなくなってしまって、2ヶ月かかって6冊暗唱した時点で、暗唱&ビデオ撮影会は、あえなく続行不可能となってしまいました。

この後、絵本を個別に読んでやることはあっても、「今月はこの三冊」というように決めて集中的に取り組んだりすることはありませんでしたし、テープも結局ほとんど使いませんでした。
                            ↑ページトップへ
 四歳の頃の暗唱 

四歳になってようやく、テープから流れてくる音声が絵本の朗読だということをはっきり認識できるようになってきました。テープを聞きながら絵本をめくったりすることもできるようになってきました。この頃からまた少しずつ、思い出したようにテープをかけ、たまにはテープを聞きながら絵本も見る、ということをするようになりました。

この頃テープを聞く頻度はとてもではありませんが、かけ流しなんて呼べるような頻度ではありませんでした。週に一度も聞いていません。サリー自身が読んで聞かせる頻度も週に一度あったかなかったか、という程度でした。もう暗唱には懲りていたので暗唱させるつもりは全くありませんでしたから、このLearn to Readシリーズの絵本も、他の絵本と同じように本棚へ並べていました。

暗唱から読みへと導いてやることに失敗していましたから、サリーはフォニックスを用いて、プチーに読み方を教えていました。三歳からTeach Your Child to Read in 100 Easy Lessonsという本を使って少しずつアルファベットの読み方を教えていたのです。(この本については<ワークブック>のページで詳しくご紹介しています。よかったらそちらもご覧ください)フォニックスについては<読むこと(フォニックス)>のページでより詳しくとりあげております。

この本を使って、「だんだん読めるようになってきている」と実感できるようになってきた頃、家にある本を読ませてみたくなってきました。せっかく読めるようになったのだから、できるだけ楽しくすらすら読ませてやりたい、でも読みやすい単語だけをつなげて作ったような、不自然な文章の本を読んでも面白くない、と何を読ませてやるか悩んでいた時にふとLearn to Readシリーズのことを思い出しました。

今までに何度も読んだことのある絵本ですから、内容はある程度わかっているはずですし、文章の量もちょうどいいから、と思って、読ませてみてびっくりしました。

すらすらどんどん読めています!まぐれかと思って何冊も何冊も読ませてみるのですが、ことごとく全部読めていて、本当に驚きました。ちなみに他の絵本ではこううまくは読めません。なぜかこのシリーズに限り、うまく読めるのです。

やはり、ただ読んでやるだけでなく、テープもかけていたことがよかったのかと思っています。他の絵本とは一味違う取り組みをしていたからだ、と今になって思うのです。

プチーの場合、暗唱とは言わないはずです。明らかに文字を見て読んでいます。でも頭の中にフレーズがある程度入っているからこそ、それを頼りに読み進めることが出来ている様子です。

これを暗唱と呼んではいけないでしょうけれども、暗唱を見据えての取り組みが結局、読みを学ぶ上でとても役に立ったことだけは確かです。暗唱を意識して頑張っている時に目に見えた成果がなくても、決して無駄では無いのだということを実感しました。耳をふさいでシャットアウトしていない限り、ちゃんと脳まで届いているんだなぁ、なんて感じました。

随分と時間差がありましたが、この時点でようやくそれまで蓄積したものがあふれてきた気がします。そしてあふれるきっかけを作ってくれたのはフォニックスでもありますから、色々な角度からアプローチすることの大切さも痛感しました。
                           
 ↑ページトップへ
CTP Learn to Read シリーズ

子供の英語教育において今や必要不可欠とも言えそうなくらいメジャーな[暗唱]と言う取り組みをするためにぴったりの教材です。

六冊で一セット、全部で24セットあります。(以前はそうでしたがあれから少しずつ増えている様子です。)

理科(science)社会(social studies)算数(math)おとぎ話(fun&fantasy)と四つのジャンルに分かれていてそれぞれのジャンルがさらに六レベルに分かれています。レベルは簡単なものから、1A、1B、2A、2B、3A、3Bの六つです。レベル1の絵本は8ページ、レベル2の絵本は16ページです。(レベル3の本は一冊もまだ持っていないので詳しくはわかりません)

音源テープのほうは、一冊につき、三度朗読が繰り返されます。正確には、一度目の朗読は大人の声で絵本をただ読み進めるのみの朗読。二度目の朗読は大人の朗読に続いて、子供達の声でリピートが加わります。この時、バックにリズムが入ってチャンツになっているものも多くて、一番楽しめる朗読です。三度目の朗読は子供と大人と一緒だったり、歌になっていたり、効果音が入っていたり、いろいろバリエーションがあります。

サリーはこのうち、理科の2Aと2B、社会の1Bと2Aと2B、おとぎ話の2Aと2Bを持っています。

理科シリーズでは、植物の育つ様子、四季の移り変わり、お天気などが取り上げられています。

社会シリーズではそれぞれの国の文化や習慣の違い、環境保護などのテーマが取り上げられています。

理科も社会も、それぞれの科目を学ぶ、教科書のような内容ではありません。

おとぎ話シリーズはその名の通り、おとぎ話です。アンデルセンなどの古典的で有名なおとぎ話ではなく、作り話と言いますか、いわゆる物語です。

サリーは神戸のFBCで購入していますが、組み合わせによってはもっと安いところもあるようです。輸入教材の値段は通販会社によって驚くほど違うのでいくつか調べてできるだけ安いところで手に入れるようにしています。



                                   
↑ページトップへ


次のページ「話すこと」へ進む

[お気楽英語子育て]トップページへもどる



三歳〜六歳まで (幼稚園時代の英語子育て) 〜好奇心旺盛だからどんどん吸収!
使用教材 具体的な取り組み 日々の様子
セット教材
引き続きワールドファミリー
  
絵本
幼稚園時代の絵本[単品]
幼稚園時代の絵本[シリーズ展開]
年長時代の絵本[シリーズ展開]
 
自力で読ませたい絵本
   
チャプターブック(絵のない本)
幼稚園時代のチャプターブック
             [単品]
幼稚園時代のチャプターブック
         [シリーズ展開]
ビデオ・DVD
幼稚園時代のビデオDVD[短編]
幼稚園時代のビデオDVD[長編]

  
その他
ワークブック[参考書/問題集]
英英辞典
季節別絵本
リープパッド
年代別取り組み
入園後(日本語英語共に育てたい)
入園後[年中](バランスを大切に)
入園後[年長](読む力をつけたい)


目的別取り組み
聞くこと(二ヶ国語ビデオ)
読むこと(本で学ぶフォニックス)
読むこと(暗唱/CTP) 
話すこと


英語<で>学ぶ
科学(身の回りの不思議)
宇宙・星座

  
あやとり(string figures)
チェス


英語教育いろいろ体験談
英語は四歳半から/セブンさんの場合
年代別日々の様子
幼稚園 年少(前半)
幼稚園 年少(後半)
幼稚園 年中(前半)
幼稚園 年中(後半)
幼稚園 年長(前半)
幼稚園 年長(後半)

  
幼稚園年長/英検5級体験記
幼稚園年長/英検4級体験記
  
その他の記録
幼稚園時代の

     プチーのボキャブラリー

プチーのおはなし
幼稚園時代の理想と現実比較




[お気楽英語子育てブログ][お気楽ママ先生と自宅学習][ママが先生☆自宅学習のススメ][親と子のバイオリン]

Copyright(c)2004ー2008 Sally. All Rights Reserved. Since 2004.5.22