親と子のバイオリン

上達は自宅での練習次第!バイオリンのことなど何も知らない母娘の二人三脚バイオリン日記

中耳炎と音程

プチーは冬場、毎年風邪に悩まされます。咳も出ますがメインは鼻詰まりです。

バイオリンを習い始め、一度目と二度目の冬は気がつきませんでした。プチーの鼻風邪と音程と、まさか関わりがあるとは・・・。ですが三度目の冬は、正確だったプチーの音程がみるみる狂い出し、明らかに「なんだかおかしい」とわかるほどでしたので、先生が気付いてくださいました。



極めつけは、中耳炎になってしまった時です。プチーの音程があまりにもおかしくて、先生から、プチーの体調に関して質問されたので、中耳炎である旨をお伝えしましたら、激しく納得されてしまいました。



中耳炎になると、音程が高くなるそうです。これは誰でもそうだそうです。鼻詰まりでも、音程は変わってきてしまうそうです。

中耳炎の場合、極端な人は、半音かわってしまうそうで、半音も狂ったら、聴いている方はたまりません。聴いていられません。かなり不快です。



それがわかってからは、冬場はプチーの音程を注意する時、とても気を遣いました。

今、どこかおかしくなかった?
今の、高いみたいに聞こえるけど、どう?

と、できるだけ自分で聞かせるようにしました。自分で自分の音程や音色に注意を払うことは大切ですから、日頃からそのようにしてはいましたが、この頃は特にプチーの意見を聞いてやるようにしました。

本人がよくわかっていないんでしたら、かわいそうです。


それまで、音程がくるう度に、カリカリと「なんで聞こえないの?おかしいじゃないの?」と注意していましたから、本当に申し訳なく思います。



暖かくなるにつれ、プチーの音程はよくなってきました。

やっぱり鼻が原因だったのか!



鼻詰まりしないように、気をつけないといけません☆





次のページ[音階練習]へ進む

[親と子のバイオリン]トップページへ


一年半、一種の転機

中耳炎と音程

音階練習

重音強化特訓

初めてのコンチェルト

ハ長調

二本目のバイオリン

ザイツのコンチェルト
(第2番)




プロフィール


Copyright(c)2005-2009 Sally All Rights Reserved. Since 2005.12