子供の英語教育を考えるのが大好き☆サリーの自己紹介です

お気楽英語子育て
>自己紹介
自己紹介

はじめまして。[お気楽英語子育て]サイト管理人サリーです。

サリーは今までに二校の英会話スクールへ勤めた経験があります。

一つ目は外国人講師がメインのスクール。サリーはアシスタントでしたが、子供達の英語教育に関しては、限界を感じました。「日本人の先生に習った方が、この子達の英語はもっともっと上達するはずなのに・・・。」と。

というわけで一つ目のスクールを退職。二つ目のスクールへ。

二つ目は日本人講師がメインのスクール。サリー自身がメインの講師として、子供達に英語を教えました。

この時いろいろなタイプの子供達と、いろいろな方法で英語に取り組むことができたので、我が子プチーの英語子育てが成り立ったと思っています。



当サイトは2000年生まれのプチーの英語学習の記録です。これさえやれば確実に英語ができるようになる、なんていうメソッドやハウツーは書いてありませんが、何か児童英語、子ども英語教育のヒントを見つけていただけたら、うれしいです。

徐々に情報も古くなっています。信念、方針もその都度揺れ動いていて一貫性がありません。もっとも、時には迷い、時には戸惑い、時には怒り、時にはやる気をなくし、を経てプチーももうすぐ高校2年生です。

今のところ、英語子育てに関して後悔は何もしていません。

日本語も英語も両方上手になりました。日本に住み、常に様子を気をつけて見ていれば英語子育てによる日本語の遅れなどありえないと、今断言できます。

それどころか英語ができれば、英語でしか受けられないスタイルの教育(たとえば探求型、討論型)も受けることができますから、お得です♪



迷っているお母さん達がいたら、是非精一杯英語子育てしてあげて欲しいと思います♪応援します!


[追記]

2016年3月現在、16歳の娘プチーは日本の新高校2年生。4年間の非英語圏海外生活、インターナショナルスクール通いを経て、絶好調だったころの英語力を目減りさせながらも日本の学校生活を謳歌しています。

時々「お気楽英語子育てブログ」でその様子をご紹介しています。よかったら是非のぞいてみてください♪




                          
↑ページトップへ

次のページ「サリーの思い」へ進む

[お気楽英語子育て]トップページへもどる



[お気楽英語子育てブログ][お気楽ママ先生と自宅学習][ママが先生☆自宅学習のススメ][親と子のバイオリン]

Copyright(c)2004-2016 Sally. All Rights Reserved. Since 2004.5.22***当サイトはリンクフリーです。