親と子のバイオリン

上達は自宅での練習次第!バイオリンのことなど何も知らない母娘の二人三脚バイオリン日記

ひたすらボーイング

ボーイングの練習、つまり弓で弦を弾ききれいな音を出す練習はなんとも地味で地道で根気のいる作業です。

注意しなければいけないポイントがいくつもあり、あっちもこっちも色々なことに気を配りながら弾くのは大変です。

プチーの気をつけなければいけないポイントは

 ・弓を持つ手の小指に力が入りすぎ、反っていないか
 ・弓がきちんと駒と指板のまんなかあたりにあるか
 ・弓が駒と平行になっているか
 ・弓が傾かず、毛の面全体が弦に触れている
 ・弓を動かす速度が一定であるか

でした。あれもこれもで、たくさんありすぎます。

これらがきちんとできているかをサリーがチェックし、プチーに注意をします。バイオリンの音というのは意外と大きくて、それを弾いているプチーに

「駒と平行に!」

とか

「小指、もう少し力抜いて!」

とか注意しなければいけませんから、サリーの声も自然と大きくなり、ほとんど怒鳴っているような状態です。プチーはあれこれ怒鳴られながら「レ〜レ〜レ〜レ〜」とひたすら同じ音を弾き続けるわけですから、正直言ってこの時期の練習はツライものでした。何度か

「もう今日はいくらやってもダメだからまた明日!」

なんて感情的になって練習を打ち切ったことがありました。実際に弾いているプチーは、サリーよりももっとくやしい思いをしていたことと思いますが、それを見ているサリーの方も頭に血がのぼってしまうことがありました。

弾いている姿をビデオに撮って見せてやったり、弓と弦が接している部分のアップを撮って、それを見せてやったりもしましたが、どうもなかなかうまくプチーのボーイングを上達させることができませんでした。


ある時、

「見本見せてあげるから、かしてごらん!」

とプチーのバイオリンをとりあげ、サリーが自分で弾いてみせたことがあります。

やってみてわかりました。自分では駒と平行に弓を動かしているつもりでも実際はサリーの弓も駒と平行ではありませんでした。駒と指板の真中を弾いているつもりでも、実際はかなり駒よりを弾いてしまっていることがわかりました。

バイオリンを顎ではさみ、そこからバイオリンを見て弾くと、弓の位置は実際の位置とは全く違う位置に見えることを思い知らされました。

車のサイドミラーを見ながらバックで駐車場に駐車する時の感覚に似ていました。乗り慣れた車であればまっすぐにとめることができますが、乗り慣れていない車をとめると、思いがけずななめにとめてしまっていることがあります。

ミラーに映る車体と駐車場の線は実際の状況と少し違ったふうに映りますから、何度も駐車してなんとなく感覚をつかまないと車をまっすぐにとめることはできません。

自分から見たら斜めにいがんで見えるけれども実際はその状態こそが平行である、というようなことが起こっているということがわかりました。

感覚で身につけるほかない、と感じました。練習あるのみ。ボーイングばかりひたすら練習するしかありません・・・。




次のページ[左手の構え方]へ進む

[親と子のバイオリン]トップページへ


バイオリンを
弾いてみたい


バイオリン購入

子供用
分数バイオリン


バイオリン到着

弓で弾いてみたら

バイオリン
初レッスン


松脂って大切!

難しい・・・
弓の持ち方


弓の体操
アップ&ダウン


弓を三分割
(先弓・中弓・元弓)


弓を二分割
(半弓・全弓)


ひたすら
ボーイング


左手の構え方

左手の指先で
弦を押さえる(1)


左手の指先で
弦を押さえる(2)


左手の指先で
弦を押さえる(3)


弦の移動/移弦

バイオリンの和音
/重音


イ長調


プロフィール


Copyright(c)2005-2009 Sally All Rights Reserved. Since 2005.12