英語の理解を進めるために・二ヶ国語放送日本語音声と字幕

お気楽英語子育て
>聞くこと(二ヶ国語ビデオ)
目的別取り組み *聞くこと(二ヶ国語ビデオ)*

二ヶ国語放送の日本語を聞くこと

日本語がどんどん得意になってくると、テレビやビデオの二ヶ国語放送などは日本語で見たがる時期がありました。と言ってもプチーの場合それは極端に少なかったような気もしますが、それでもたまにありました。そういう時は日本語で聞かせてあげました。

そしてそれは結果的には英語の方の理解を助けただけで、全くマイナスにはなりませんでした

とは言えサリーはそういう時に横からブツブツいやみを言うのを欠かしませんでした!「英語の方がおもしろいのになぁ。」とか「アメリカのものはやっぱり英語で見ないと!」とか言うのです。ちょっと軽めのマインドコントロールです☆

これは意外とききます。実際今でもプチーは二ヶ国語放送であっても「英語の方が面白い」と英語を選ぶ場合がほとんどです。

そのかわり、日本の作品は日本語で見せています。(ポケモンだけ例外です)英語版があるものも、日本のキャラクターであれば日本語で見せるようにしています。「オリジナルの音声の方が雰囲気も伝わって面白い」という理由で今のところは通しています。
                             
↑ページトップへ
ひらがなが読めるようになってきたら日本語字幕を活用

ひらがなを読むことを覚え始めたら、字幕を見て、英語を聞いて、両方を照らし合わすことによってさらに理解が進みます。

この頃でしたら年齢も三〜四歳になっているはずですから、論理的な理解力もついてきています。短いセリフであれば楽々覚えられるくらいにはなっていますし、意味を知っていてこそ記憶や理解が進みますから、字幕を大いに利用できます。


ココから先の段階へはまだ進んでいませんからわかりませんが、四技能の中でやはり、聞くことは一番進めやすい取り組みであったと感じています。

年齢的に、早目から始める事が可能である他の取り組み、[読むこと]や[話すこと]と比べると、随分容易に取り組みを続けることができました。



[ビデオ・DVD関連リンク]
二歳☆ビデオ・絵本の読み聞かせ
聞くこと(二ヶ国語ビデオ)
幼稚園時代ビデオDVD[短編]
幼稚園時代ビデオDVD[長編]




                            ↑ページトップへ
次のページ「読むこと(本で学ぶフォニックス)」へ進む

[お気楽英語子育て]トップページへもどる


三歳〜六歳まで (幼稚園時代の英語子育て) 〜好奇心旺盛だからどんどん吸収!
使用教材 具体的な取り組み 日々の様子
セット教材
引き続きワールドファミリー
  
絵本
幼稚園時代の絵本[単品]
幼稚園時代の絵本[シリーズ展開]
年長時代の絵本[シリーズ展開]
 
自力で読ませたい絵本
   
チャプターブック(絵のない本)
幼稚園時代のチャプターブック
             [単品]
幼稚園時代のチャプターブック
         [シリーズ展開]
ビデオ・DVD
幼稚園時代のビデオDVD[短編]
幼稚園時代のビデオDVD[長編]

  
その他
ワークブック[参考書/問題集]
英英辞典
季節別絵本
リープパッド
年代別取り組み
入園後(日本語英語共に育てたい)
入園後[年中](バランスを大切に)
入園後[年長](読む力をつけたい)


目的別取り組み
聞くこと(二ヶ国語ビデオ)
読むこと(本で学ぶフォニックス)
読むこと(暗唱/CTP) 
話すこと


英語<で>学ぶ
科学(身の回りの不思議)
宇宙・星座

  
あやとり(string figures)
チェス


英語教育いろいろ体験談
英語は四歳半から/セブンさんの場合
年代別日々の様子
幼稚園 年少(前半)
幼稚園 年少(後半)
幼稚園 年中(前半)
幼稚園 年中(後半)
幼稚園 年長(前半)
幼稚園 年長(後半)

  
幼稚園年長/英検5級体験記
幼稚園年長/英検4級体験記
  
その他の記録
幼稚園時代の

     プチーのボキャブラリー

プチーのおはなし
幼稚園時代の理想と現実比較




[お気楽英語子育てブログ][お気楽ママ先生と自宅学習][ママが先生☆自宅学習のススメ][親と子のバイオリン]

Copyright(c)2004ー2008 Sally. All Rights Reserved. Since 2004.5.22