公文式の英語を英検準2級取得後始める理由

お気楽英語子育て
>公文式。何故今更?な決断>[母国語方式]をあきらめて
公文式体験記*[母国語方式]をあきらめて*

ふと、自分自身を振り返ってみました。

サリーが英語を始めたのは中学生になってからです。他の子達と同じように、中学校の授業で英語を習い始めました。

英語にチカラを入れていた学校であった、というのはラッキーでした。ですが最初から英語の問題を英語で考えて解いていたかと言うと、とんでもありません。毎日英文法と格闘しながら、こてこての[日本人のための英語教育]を受けてきました。



だからと言って今、頭の中の日本語や文法事項が邪魔をして、英語がなかなかすんなりでてこない、ということはありません。通訳者のように、日本語と英語を両方同時にあやつることは確かに苦手ですが、英語を話し出すと、徐々に頭の中の英語が増えていき、英語がより出てきやすくなります。


ある道を選んだからと言って、その道の先にあるゴールにしかたどり着かないのではなく、道は色々なタイミングで交差しているから、違う方向へ進むことも可能だ、とそんな風に感じました。

一つの道にこだわりすぎず、その時点でベストを尽くせば、どの道を通っても結局たどり着く所は同じような気がして、プチーの英語教育にいよいよ本格的に、彼女の母国語である日本語を導入することとなりました
                           ↑ページトップへ

そこで初めて、日本で出版されている、日本人向けの英語の教材を少し検討し始めたのですが、本屋さんで立ち読みする限り、なかなかいいものがありませんでした。英語が簡単すぎたリ、日本語が難しすぎたり。


そしていよいよ公文式の教材へとたどり着きました。(たまたまいいタイミングでチラシがはいっていた、というだけですけれど・・・)

公文では多くの小学生が中学生以上のレベルの英語教材を解いていて、教材内の漢字にふり仮名もうってあります。(全てにうってあるわけでもない、というところがミソです☆)

かなりのスローペースで進むので、文法を本格的に学んだことの無いプチーも楽々進めていけそうです。(甘いかな?)




                           
 ↑ページトップへ

次のページ「公文の先生のお考え」へ進む

[お気楽英語子育て]トップページへもどる

六歳〜(小学校入学後の英語子育て) 〜細々と、でも確実に着実に!
使用教材 具体的な取り組み 日々の様子
  
セット教材
小学校入学後のワールドファミリー
   
絵本
一年生時代の絵本[シリーズ展開]
一年生時代の飛び出す絵本

   
チャプターブック(絵のない本)
一年生時代のチャプターブック
         [Nonfiction]
一年生時代のチャプターブック
         [fiction]
  
ビデオ・DVD
一年生時代のビデオ・DVD[長編]
  
その他
一年生時代の英語での語りかけ
一年生時代のワークブック
   
年代別取り組み
  

小学一年生(読み書き偏重型)
  
目的別取り組み
  
英語の本を読むこと
書くこと(正しく書く)

  
英語<で>学ぶ
  
アイススケート(フィギュアスケート)
恐竜
エジプト文明・ミイラ
聖書・バイブルソング
  
年代別日々の様子
  

小学一年生
小学一年生/英検3級体験記
小学一年生/英検準2級体験記
小学二年生から/英検2級体験記

  
その他の記録
  

一年生のプチーの日記
小学生時代理想と現実(英会話)
小学生時代理想と現実(読み書き)

多読用洋書本 公文式体験記

一年生時代の多読
二年生時代の精読多読
三年生時代の多読

公文式。小1の冬に何故今更?な決断
公文式入会テストとH教材
公文式英語I教材とIリーグ
公文式英語J教材と
        進度上位者のつどい
公文式英語K教材
中学課程認定テスト
公文式英語L教材
公文式英語M教材
・公文式英語N教材

[お気楽英語子育てブログ][お気楽ママ先生と自宅学習][ママが先生☆自宅学習のススメ][親と子のバイオリン]

Copyright(c)2004ー2007 Sally. All Rights Reserved. Since 2004.5.22