小学一年生の漢字学習・丁寧に書くことの大切さ

お気楽ママ先生と自宅学習
>一年生の漢字
*一年生の漢字*

幼稚園児の頃は「漢字なんて読めたらいいわ☆」と軽く考えていましたが、小学生になるとそういうわけには行きません。[とめ][はらい][字のバランス]などが必要となり、より正確に漢字を[書く]ことが求められます。

覚えているかどうかと言うだけではなく、覚えていることを正確に再現することを求められるわけですから、最初はとんでもなく大変な思いをしました。

はらう、とわかっていても上手くはらえないこともあります。マスの真中に書かなくてはいけないとわかっていながら、ついつい上半分、左半分に片寄って字を書いてしまうプチーを見ていると、どうしてうまくできないものか、といらいらしたこともありました。

字を丁寧にバランスよく書くためには鋭い観察力が必要で、三本の線のうちどの線が一番長いか、二本目の線は一本目の線のどのあたりから始まっているのか、をまずは理解し、そこから書かせるように持っていかなくてはいけません。

マスのどのあたりから書き始めたらいいのか、どのあたりまではらえばいいのか、カレンダーの裏などに何度も練習しました。

この観察は後々図形問題を解く時にも役立つのではないかと思えるほど、一文字一文字観察し、バランスを考え、書かせています。

学校で皆同じように字を習うのにもかかわらず字のきれいな人とそうでない人がいるのは結局、真面目に取り組むかどうかにかかっていると信じています。

プチーには「字を上手に書ける人は絵も上手だから」と、漢字のバランスの観察を習慣づけています。

一年生のうちはとにかく[丁寧に書くこと]を身につけさせることが一番大切だと信じています。同じ漢字をいくつもいくつも書くなんて、決して楽しい作業ではありませんが、一年生のうちはそれをやっておかなければ、いつまでたっても漢字に苦労することになるはずです。

使用教材は幼稚園の頃から引き続き、下村式漢字練習ノートです。

この本は漢字を覚えているかどうかを試すための問題はなく、あくまでも漢字を書く練習をするためのものです。ランダムに漢字が登場するような問題はなく、一つ一つの漢字の書き順、由来、読みの説明に加え、練習するためのマスがあります。

覚えた漢字を是非試したい、テスト形式の問題を解いてして正しく答えたい、というプチーの気持ちを満たすために使用しているのは、漢検10級の過去問題集です。

漢検10級の出題範囲は小学一年生で習う漢字ですから、プチーのレベルにぴったりです。ただ覚え、正しく書くだけではどうも張り合いを感じないプチーですのでこの問題集はプチーの楽しみでもあります。



こうして丁寧に書かせるのは一年生と二年生の漢字だけで、これに加え、[読み]を鍛えるためのカード学習もしています。読むためだけの漢字としては、大判漢字カード 第1集第2集第3集を使っています。

実はこのカードは、商品説明に[0歳から]と書いてあり、一年生にもなって購入するのがどうももったい・・・。というわけで、商品紹介のページに書いてある収録語句をそのまま百円ショップの単語カードに写し、表側に漢字、裏側にひらがなを書いてプチーに渡しました☆

絵がないですし、本物のカードとは比べものにならない小ささですけれど、プチーは喜んでくれました♪


と言う具合に、[書き]に関しては自分の学年プラスもう1つ先の学年のものを、そして[読み]に関しては特にこだわらずどんどん取り入れる方向で進めています。(読みに関しては、ことわざの本でも漫画でも、ふり仮名があれば何でも来い、で一緒に読んでいます)





                          
↑ページトップへ

次のページ[手話]へ進む

[お気楽ママ先生と自宅学習]トップページへもどる


小学校低学年〜最初が肝心!まだまだ手をかけ見守りたい〜
体育系・音楽系・芸術系 算・国・理・社 生活

 ・逆上がり(完成編)
 ・アイススケート(入門編)
 ・二重跳びの練習(その1)
 ・二重跳びの練習(その2)
 ・腹筋・背筋・柔軟性
 ・倒立
 ・倒立ブリッジ
 ・ブリッジから起き上がる(前)
 ・ブリッジから起き上がる(後)
 ・迷路入門

 ・一年生の計算
 ・一年生の算数
 ・九九入門
 ・二年生の計算
 ・二年生の算数
 ・一年生の漢字
 ・手話
 ・ことわざ入門
 ・なぞなぞ入門
 ・低学年のための社会科
 ・低学年のための立体


 ・一つ一つ丁寧に
 ・時間割は前日に
 ・学校の宿題
 ・身の回りの把握
 ・時間の使い方

Copyright(c)2005-2008 Sally All Rights Reserved. Since 2005.11.9