小学一年生の計算・まずは反復、そして楽しむ♪

お気楽ママ先生と自宅学習
>一年生の計算
*一年生の計算*

小学校へ入学するとまずは数字の書き方から教わりますが、あっという間に足し算、引き算、繰り上がりのある足し算、繰り下がりのある引き算へと進みます。

本当にあっという間ですから、幼稚園のうちに先取りを全くしていなかったら、大変なことになっていたかもしれません。


プチーのクラスではとにかく[計算をより速く]が基本です。一学期に足し算を習い始めたら、毎日の宿題として[時間を計って問題を解く]というのが始まりました。ストップウォッチで計り毎日記録し学校へ持っていきます。

二学期に入り、繰り上がり、繰り下がりが加わり、問題はさらに難しくなりますが、毎日時間を計る宿題だけは欠かさずでます。二学期後半には百マス計算の真似事、そして三学期には毎日百マス計算の宿題がでるようになりました。またしても時間を計ります。

計算プリントや算数ノートの字のきたないこと・・・・。乱雑で落ち着きの無い数字が踊っています。担任の先生も、計算問題の答えの数字は「読めればいい」と言い切ります。百マス計算に至っては、消しゴムは使わなくていいから、間違った時は斜線で消し、その横に答えを書いてください、とのことです。

競わせて、競わせて、子供達のやる気を引き出すこのやり方、もちろん一つの方法ではあるでしょうけれど、少しうんざりほどです。とは言え、計算力があってこそ次の段階へ進めますから、計算問題を速く正確に解く力というのは必要な力であるとも感じています。

プチーは百マス計算も大好きで(弊害を指摘する声も多いものの)自分で作って自ら解いたりしますし、サリーも問題作りを手伝ってやっています。

しつこいほど計算ばかりさせられたお陰で、計算が速くなってきた頃、強育論合格パズルで有名な宮本先生の強育パズル1をやらせてみました。(百マス計算ならサリーでも作れますが、このパズルは無理です・・・)

プチーの目が輝きました♪百マス計算とはまた違った輝きです。こちらの方が生き生きした輝きです!

このパズルは[数独]をもっと簡単にしたようなものです。計算ができて初めて楽しめるパズルですから、このパズルにチャレンジする前に、正確な計算力が必要です。ですがパズルが楽しいから計算が楽しくなるわけでもあります☆

何度も消さずにすむように、同じパズルが三回も書いてあり、便利です。一つ目を使って失敗しても、二つ目、三つ目、とあと二回チャンスがあります。もちろん消しゴムを使うのが面倒でなければ、もっとなんどもチャレンジできます。

最初はあてずっぽうに手当たり次第に数字を入れまくり、書いては消してを繰り返していたプチーですが、慣れてきたら「ここにはこの数字しかはいらない」という箇所がわかり始め、消しゴムなど使わずに、しかも予備である二つ目、三つ目のパズルを使うことなく終了することができるようになってきました。


ちなみにこの問題集を解くときは、時間にかなりの余裕が時のみです。途中でやめることのできないパズルですので(途中でやめて、あとから続きを、というのは不可能に思えます)





小学校へ入学してみてあらためて先取りの大切さを痛感しました。

何もひたすら先へ先へ進んでおく必要などありません。ただ、学校の先生は「もちろんこんなことはもう知ってるよね」と言わんが如く、どんどん平気で先へ進めていきます。本来であれば、この時子供本人が「わからない」と先生に訴え、納得いくまで質問し、答えてもらい、次へ進むのが理想的なのかもしれませんが、このスタイルは少なくともプチーにはあいません。

プチーには、学校で出てくる前に少し予備知識を与え、先生からの説明を聞き更に理解を深める、というスタイルで新しいことを学ばせてやりたいと思っています。

学校で出てくる頃にはもう既に知っているからと言っても、意外と、「だから学校はつまらない」とか「どうせたいしたことは習わないし」なんて言わないものです。実際、課題が他の人より早く終わった時は、他のお友達の先生になって教えてあげる、というお役目を言い渡されることがあるらしく、それを楽しんでいる様子です。

サリーも中学受験のための塾へ通っていましたが、学校の授業も楽しんでいたのを覚えています。学校はみんなとワイワイ学ぶからまた違った楽しさがあります。


基礎計算力は学校の(しつこいくらいの)計算の宿題、プラス[知の翼](家庭学習教材)の計算ドリルで鍛えます。無料教材の[学習支援サイト向日葵]のプリントアウト教材もかなりいいものですので、何十枚かまとめてプリントアウトしておき、時間があるときにさせたりしています。

その計算力を使い、更に[強育パズル]を楽しめば鬼に金棒♪




                          
↑ページトップへ

次のページ[一年生の算数]へ進む

[お気楽ママ先生と自宅学習]トップページへもどる



小学校低学年〜最初が肝心!まだまだ手をかけ見守りたい〜
体育系・音楽系・芸術系 算・国・理・社 生活

 ・逆上がり(完成編)
 ・アイススケート(入門編)
 ・二重跳びの練習(その1)
 ・二重跳びの練習(その2)
 ・腹筋・背筋・柔軟性
 ・倒立
 ・倒立ブリッジ
 ・ブリッジから起き上がる(前)
 ・ブリッジから起き上がる(後)
 ・迷路入門

 ・一年生の計算
 ・一年生の算数
 ・九九入門
 ・二年生の計算
 ・二年生の算数
 ・一年生の漢字
 ・手話
 ・ことわざ入門
 ・なぞなぞ入門
 ・低学年のための社会科
 ・低学年のための立体


 ・一つ一つ丁寧に
 ・時間割は前日に
 ・学校の宿題
 ・身の回りの把握
 ・時間の使い方

Copyright(c)2005-2008 Sally All Rights Reserved. Since 2005.11.9


第一ゼミナール