歌を上手く歌うためには他の人の声にも耳を傾けることが大切

お気楽ママ先生と自宅学習
>一緒に歌おう♪
*一緒に歌おう♪*

音楽はただ聴くだけでなく、自分で演奏できるともっと楽しいものです。小さい赤ちゃんに楽器は演奏できませんが、メロディーを口ずさんだりハミングしたりするくらいでしたら、一緒にできます。

サリーは音楽が実際かかっている時に音楽にあわせて口ずさみ、かかっていない時にも鼻歌で口ずさみ、プチーが口ずさんだ時は更に一緒に口ずさみ、という具合でしたから、ほとんどいつでもなにか口ずさんでいるような状態でした。

プチーがサリーの影響を一番受けやすいのはわかっていましたから、プチーがお歌を歌うのを好きな子になって欲しい、という思いがありました。(と言っても、もともとサリーは鼻歌が多い方のです☆)

プチーが歌う機会が多ければ多いほど、それに便乗してサリーが歌う機会も増えます。プチーがサリーと一緒に歌う機会が増えると、プチーは自分の音程とサリーの音程を比べたり訂正したりする機会が増えます。そうしながら少しずつプチーの音程も安定してきました。

音をきちんととるよう指導するためには「音が高すぎるよ」とか「低すぎるよ」とか注意するのではなく、プチーと一緒に歌うことが一番効果的でした。プチーはサリーの音程をききながら、細かく合わせてきます。

上がり過ぎたら少しさげ、下がり過ぎたら少しあげ、を繰り返し、少しずつ、自分ひとりでもうまくコントロールできるようになってくるのです。

一緒に歌っている人の音を聞きながら自分の音をとる、ということに慣れているためか、プチーは輪唱をしたり、わざと違う音をとってハーモニーにしたりすることも大好きです。特に輪唱に関しては、先に歌ってもあとから歌っても、つられるということがまったくありません。

自分の音程だけに固守するのでは、輪唱の度に耳をふさがないといけない、なんていうことになっていたかもしれません。もっと大きくなって、ソプラノ、アルト、などとパートに分かれて合唱するようになってもきっと他のパートのメロディーにつられることなく、楽に自分のパートの音をとってくれるのでは、と期待しています。





                          
↑ページトップへ

次のページ[折り紙]へ進む

[お気楽ママ先生と自宅学習]トップページへもどる


三歳まで〜心と体の基礎を作る時期だからこそ妥協せず根気よく〜
体を鍛える・音楽を聴く・手先を使う 頭を使う 育児方針・生活習慣
  
 ・手足の運動(赤ちゃん体操)
 ・寒い日のお散歩
 ・長距離歩けるように
 ・赤ちゃんスイミング(水泳)
 ・トランポリン
 ・音楽を聴く
 ・一緒に歌おう♪

 ・折り紙 
 ・あやとり
  
 ・日本語での語りかけ
 ・絵本の読み聞かせ
 ・英語のお歌のかけ流し
 ・子守唄・お話(すばなし)
 ・積み木
 ・ブロック(レゴ他)
 ・ジグソーパズル
 ・地図・地球儀
 ・手当たり次第取り入れること
  
 ・育児方針を整理整頓
 ・一貫性を持つ
 ・だだをこねても無駄
 ・子供だましな嘘厳禁
 ・その気にさせる
 ・毎日コツコツ
 ・手を替え品を替え
 ・遺伝ではなく環境

Copyright(c)2005-2007 Sally All Rights Reserved. Since 2005.11.9