自転車の補助輪をとるコツ

お気楽ママ先生と自宅学習
>自転車(補助輪なし)
*自転車(補助輪なし)*

プチーは四歳半までに補助輪なしの自転車に乗れるようになりました。年中の時です。プチーがある日突然「コマ(補助輪)とって。」と言い出しましたので、言ったその日に早速取り外してやりました。理由は近所の子供達がみんな補助輪なしの自転車に乗っていたからです。

その日から、近所の子供達に早速自転車での競争を申し込まれたり、しごかれたりしながら、あっという間に上手に乗れるようになりました。

自転車の補助輪をはずす、というと、公園でお父さんが怖い顔で子供の自転車を押してやり、子供は泣きそうな顔で必死で練習している、というイメージがありましたが、そんな大変な思いをする必要はありませんでした☆

補助輪をとるにはいくつかのコツがあるようです。

支えてやらない、押してやらない
ペダルをはずす
緩い坂道で
補助輪をはずす前にこぎ方を練習
ブレーキの練習も忘れずに!

支えてやらない、押してやらない

大人が支えたり押してやったりすることにより、子供はバランスを保つ感覚をうまくつかむことができず逆効果であると聞いたため、サリーはほとんどプチーを支えてやりませんでした。

サリーは一度プチーのハンドル部分を支えてやったことがありました。ですがサリーが支えてしまうとプチーは自力でバランスをとる必要がないため、サリーの方へ45度位傾いたままでも平気でこぎ続けます。

こんなのではいつまでたっても上手にはならない、と確信しました。


ペダルをはずす

多分テレビなどで裏技として紹介されているため、今では常識となった[ペダルはずし]ですが、サリーは実はどうやってはずしたらよいかよくわからなかったため、実際ははずしてはやりませんでした。

ですがプチーには、ペダルに足をのせないように、言ってきかせていましたので、はずしたのと同じような効果をえられたはずです☆

ペダルの存在を無視し、両足とも地面につけ、自転車にまたがったまま足で歩かせます。最初は一歩一歩左右交互に足を出し、普通に歩くのですが、慣れてきたら両足一度にけり、一瞬でも足が全く地面についていない時間をつくります。

その時間を長くすることによりだんだん自転車の二つの車輪だけでバランスをとりながら前進する感覚が身についてきます。

(ペダルがついたままだとかなり邪魔です。プチーは何度もペダルに足があたり、足を擦りむいていました・・・)

                               ↑ページトップへ
緩い坂道

のぼりは両足で歩いてのぼり、下る時は足をちょっと地面から浮かしバランスを保ちながらおりてきます。

往復両方バランスをとる必要はあるものの、下りは比較的楽ですので、平らなところでの練習に飽きたら、緩い坂道を利用して、せめて下る時だけでも楽しめたら、という苦肉の策です。


補助輪をはずす前にこぎ方を練習>

プチーは補助輪付き自転車に乗っていた期間が長かったため、自転車をこぐこと自体には慣れていましたので補助輪をとるのが[より]楽だったと言えるかもしれません。

補助輪付き自転車をとばして、いきなり補助輪なしの自転車に乗る練習をする場合、バランスをとることと、こぐことと、両方を一度に練習しないといけなくなりますから、ちょっとてこずります。

できれば補助輪付き自転車でペダルのこぎ方だけは練習しておいた方が楽です。いきなり補助輪なしでも乗れるようにはなりますが、時間がかかりましたし、教える方も大変でした。(甥っ子の自転車の練習につきあったことがあります)

                               ↑ページトップへ
ブレーキの練習も忘れずに!

補助輪をとるとき、ある程度の速度を出して自転車をこがなければバランスをとるのが難しいものです。自転車はゆっくりこぐほど難しいものですから、一定以上のスピードを保たなければヨタヨタしてしまいます。

そうなってみてから気が付きましたが、プチーはそれまでブレーキをかけたことがありませんでしたので、ブレーキのかけ方を知りませんでした。

毎回バランスを崩すとご近所の植え込みや石垣に突っ込みそうになりながら地面に足をついてとまっていましたが、これはとても危険です。

補助輪付きにのっている時点できちんとブレーキのかけ方も練習させておくべきだった、と後悔しました。


以上の五点が、プチーの補助輪をはずした時に感じた[大切なこと]です。補助輪をはずした一ヶ月後にはほぼ乗れるようになっていました。サリーといっしょにがんばったからでもありますが、なんと言っても近所の子供の「あれ?自転車乗られへんの?(乗れないの?)」にプチー本人がくやしい思いをしたからこそだったような気がします。


本題とは関係ありませんが、関西では補助輪なし自転車のことを[コマなし]と呼びます。このページのタイトルをつけるにあたり、[コマ]はひらがななのか、漢字があるのか、検索エンジンで調べてみましたら、検索にかかるホームページの数があまりにも少なく、不信に思い調べてみましたら、[コマ]は方言だったようです☆

地方によっては[タマ]とか[ゴロ]とかいろいろな呼び方があるらしくびっくりしてしまいました・・・。




                          
↑ページトップへ

次のページ[そろばんを始めたら]へ進む

[お気楽ママ先生と自宅学習]トップページへ戻る



年長=小学校入学準備〜いよいよ本格的に始まる学校生活にそなえて〜
体育系・音楽系 算・国・理・社 生活
  
 ・前回り、逆上がり(準備編)
 ・自転車(補助輪なし)
  
 ・そろばんを始めたら
 ・幼稚園児のための漢字学習
 ・偉人の伝記
 ・理科の実験あそび
  
 ・生活面での集中力
 ・自立心の育て方
 ・学ぶ喜び

Copyright(c)2005-2007 Sally All Rights Reserved. Since 2005.11.9***当サイトはリンクフリーです。