筋力をつけ恐怖心をなくせば逆上がりもラクラク♪

お気楽ママ先生と自宅学習
>マット運動と鉄棒
*マット運動と鉄棒*

マット運動、といっても鉄棒とセットでマットをそろえるまではいつも、ベッドがマットがわりでした。

以前どこかで

   小さいうちから、逆さまになったり回転したり、といった
   非日常的な動作や格好に慣れておいた方が、後々運動が得意になる


というような話を耳にはさんだことがあったため、とにかくプチーが小さい頃から振り回したり逆さにしたりしていたサリーです。

二歳頃からよくベッドの上ででんぐり返し(前回り)の真似事を練習していました。体を丸くするということが意外と難しくもんどりうつこともしばしばでしたが変な格好をすることが目的でしたから、それもよし、と毎日のようにベッドでゴロゴロしたりジャンプしたりしていました。

(結局でんぐり返しをいつ頃できるようになったかは、忘れてしまいました・・・。三歳までにはできていたような気がするのですが、この頃引越しで忙しかったためかどうも記憶があいまいです)

四歳になってからはソファで三点倒立をするのが大好きだったプチー。小さい頃から逆さまに慣れていたおかげか、暇を見つけては三点倒立をしていました。(ちょっと落ち着きがなくて困るくらいです・・・)

年中の秋には室内鉄棒を購入しました。幼稚園にももちろん鉄棒はありましたが、園庭で遊んでいてもプチーは鉄棒には近寄りませんでした。その頃まだ前回りはもちろん、鉄棒にぶら下がることも、腕で体を支えて持ち上げることもできなかったプチーが少し心配で、購入を決めました。

注文した鉄棒が届くと、プチーは大喜び。「あれ?鉄棒は嫌いじゃなかったのかな。」なんて思いましたが、とにかくまずはサリーが色々とお手本を見せてみました。

子供用鉄棒ではありましたが、体操教室でも使われている本格的なものを購入したおかげでサリーが使っても大丈夫でした。

好奇心旺盛でサリーのすることは何でも真似をしたがるプチーですので早速自らも挑戦し、その日のうちに前回りもできるようになりました。

思えば幼稚園の鉄棒はお友達と一緒に使うためなかなか落ち着きませんし、地面へ落ちたら、という恐怖心がプチーを鉄棒から遠ざけていたようです。

近所に鉄棒のある公園があればそこへ通えばいいことですし、幼稚園の鉄棒では落ち着かないかも、なんていう発想自体が過保護だわ、なんていう風にも思いましたが、結局鉄棒を買ってよかった、と感じています。

鉄棒に対する恐怖心がなくなった今では幼稚園の鉄棒でも平気で遊んでいますし、サリーも公園まで行かなくてもプチーのさかあがりの練習に付き合うことができ、便利です☆

鉄棒とともにそろえたマットは鉄棒をする時は鉄棒の下に敷き、そうでない時は柔軟体操(ストレッチ)の時にも使っています。後ろまわり(後転)の練習をする時にも大活躍しました。

年長の夏頃、同じクラスの男の子に刺激を受け、後ろまわりの練習をするようになりました。(この時サリーは自分でまわってみて、首を痛めました。何日も首が痛くて外科へ通ったほどです。大人になってから後ろまわりに挑戦する時はどうぞお気をつけください)


この頃からずっと続けていた鉄棒のさかあがりはまだマスターできていませんが、さかあがりの練習のおかげで腕の力が随分強くなったように感じます。たとえさかあがりができなくても、さかあがりの練習は続けて、筋力をもっとつけてくれたら、と願っています。(最近練習をさぼり気味です☆)


[追記/小1ニ学期]

小学生になって、結局逆上がりはすぐにできるようになりました。筋力が充分ついたら、あとはタイミングを合わすだけでできるようになるようです。

と言ってもプロからみるとプチーの逆上がりは[タイミングはあっていないけれど、筋力だけでなんとかやってのけるタイプ]の逆上がりだそうです☆
男の子にはこういうのが多いそうですが、できればそれでよし、ということにしております。


[関連ページ]
前回り・逆上がり(準備編)
マット運動と鉄棒
逆上がり(完成編)
腹筋・背筋・柔軟性
倒立 
倒立ブリッジ
ブリッジから起き上がる(前)




                          
↑ページトップへ

次のページ[楽器演奏]へすすむ

[お気楽ママ先生と自宅学習]トップページへもどる


幼稚園入園後〜社会性や協調性を大切にしつつ、個性や能力を伸ばしてやりたい〜
体育系・音楽系 文化系理数系 生活習慣
  
 ・公園(園庭)遊具で鍛える
 ・マット運動と鉄棒
 ・楽器演奏
 ・無料コンサート
  
 ・お話作り
 ・本の読み聞かせ
 ・世界の国々
 ・ブロック(ラキュー他)
 ・立体ブロック(キューブ)
  
 ・動機付け
 ・勉強する理由と目的
 ・習い事と遊びのバランス


Copyright(c)2005-2007 Sally All Rights Reserved. Since 2005.11.9