小学三年生の算数、有名進学塾のカリキュラムを拝借♪

お気楽ママ先生と自宅学習
>三年生の算数と計算
*三年生の算数と計算*

三年生からは中学受験のための塾が本格的に始まります。プチーは塾へは行っていませんが、塾のカリキュラムから大きく遅れをとっていては、いざ急に入塾しよう、というタイミングで慌てることになりますので、最低限、塾の進度にはついていき、それよりも更に進んでいるくらいを目標に進めていこうと思っています。

三年生一学期
三年生二学期

三年生一学期

・掛け算筆算(三桁×三桁以上)
・掛け算(筆算しないで三桁以上×一桁)

・割り算筆算(÷一桁、÷二桁)

・比の概念

・分数の概念
・分数の足し算引き算

・小数の概念
・小数の足し算引き算(小数第二位以上)

・およその数(四捨五入)

・コンパスと分度器を使った作図

・植木算、旅人算

以上のことを、基本を中心とした問題集を使用しながら進めました。

算数スーパー習熟プリント―発展学習対応 (小学3年生)
基礎固めや先取り学習にはこの問題集が一番です♪説明は何も載っていませんが、いい意味で最低限の基礎的なことしか載っていませんので気軽に進められます。
この問題集では掛け算の筆算、重さや長さの単位、簡単な割り算の問題を解いていきました。

新算数力プリント 小学4年生―応用力を伸ばす
上の算数用と同じ出版社のもので、ほぼ同じコンセプトで作られています。基礎的な問題ばかりです。4年生用、とありますがH学園ではこの程度の問題を三年生の一学期に全て終えてしまいます。
この問題集では、割り算の筆算(÷二桁まで)、およその数、小数、分数、角度、などの問題を解いていきました。ひねった文章題は全くありません。計算の基礎問題ばかりです。

図形・作図習熟プリント―小学校全学年
これは全学年用とあって、後半難しそうですが三年生の一学期で、ちょうど真ん中あたりを解いています。コンパスや三角定規や分度器を使った作図です。
ただ、詳しい解説が何も無いので、この問題集からいきなりでは、うまくいかない時もあります。コンパスを使った作図などは、他の問題集でも四年生用くらいから出てきますので、そちらで練習してからだと、より使いやすいように思います。

学ぼう!算数 中学年用 上 [推奨学年3年]
参考書はこれ一冊で充分です。かなり先取りした内容も含まれていて推奨学年よりもずっと先のことまで学べます。

図形も、小数も、分数も、時計も、何もかも、わからない時はこの本を参考にしています。自然と先取りできるようになっているわりには、プチー一人でも読み進められるくらいわかりやすく説明してあります。

小学2年算数最レベ問題集
二年生用の最レベです。二年生のうちに終わらせることが出来ずに、三年生までひきずっちゃいました。

ですがこのシリーズの一年生用に載っていたペン図の問題などを三年生のH学園の夏期講習でも解いているくらいですから、この問題集は、その学年中に解けなくても気にしないことにしています♪
最後に植木算や旅人算がでてきました。こういう名前のついた算数、プチーには新鮮なようで、結構印象に残っている様子です。



 三年生二学期

近所の進学塾のカリキュラムを参考に、引き続き少し先取りという形で自宅学習しました。

・かっこのある計算、工夫して解く計算
 (例えば267÷{36−(36÷6+36÷4+36÷2)}−210÷14=?のような問題)

・分数の足し算引き算(通分あり)
・分数の掛け算割り算

・少数の足し算引き算(少数第何位でもOK♪レベルに)
・少数の掛け算(桁の多い筆算も)
・少数の割り算(筆算、余りありも)

・立体(直方体、立方体、展開図)

・暦に関する知識(大の月、小の月、うるう年、一年の日数)
・日数の数え方(何日目、何日前、何日後、何日間、など)

・和差算、つるかめ算、など


とにかくまずはさらっと流す程度に先取りで進めるつもりなので、既に学習した単元でも忘れてしまっているものもあります。常にすべての単元を復習しつつ新たに進めていくのが難しいため、分数の計算も、何度も「もう忘れちゃった〜」という状態になりましたが、何度も何度も「忘れちゃった〜」を繰り返した後、ようやく定着してきたようです。



これに加えて、結構まじめに続けたのが、どんぐり倶楽部の文章題です。文章題の文章がやたらと長くて、どっちでもいいことがごちゃごちゃ書いてありますから、そのごちゃごちゃに惑わされやすいプチーには持って来いの教材です♪

だから結局なんだったの?というような文章題でも、きちんと要点をつかんで解くいい練習になりました。

三年生の二学期までに三年生用を八割方解きました。三年生三学期より、四年生用へ突入しました。

三年生の二学期はばたばたと駆け足で進んだので、計算問題集を前もって調達しそびれました。大層面倒くさいのですが、仕方がないので、その辺の紙に分数やら少数やらごちゃ混ぜの問題を数問サリー自らが書き、それをプチーにさせていました。答えがないので自分も計算しないといけないかったり、うっかり答えがマイナスになってしまったりしましたが、これで一学期間しのいじゃいました☆

三年生の二学期なら、これでもなんとかなったはず、と信じていますが、これでは演習量が全く足りないので、これからは、通用しないと思います。ちゃんと問題集を購入しないといけません☆(答えがないと答え合わせも面倒くさい!)



はなまるリトル3年生 算数
  落ち着きのある良質な問題が多い上、レベル別になっているため、「さいしょはかんたんなものから」など自分で調整して使いやすい問題集です。

最後にまとめて。計算問題ばかりを集めたところがあり、そこを何度も解くとより良いようです。(我が家は一度きりしかやっていませんけれど)
とんでもない難問はありませんが、ちょっと考えさせられる問題、遊びの要素(考えながら遊ぶ)などもあったりして、とてもいい問題集でした。四年生以降のものが作られていないのが残念です。

学ぼう!算数 中学年用 下 [推奨学年4年]
  この教科書、いまや必需品です。最初から開くことは少ないものの、プチーに何かを教えていて、「あれ?これどう説明すればいいのかな?」と思ったときは必ずこれを開きます。

自己流の変な説明でプチーを戸惑わせてもなぁ、と不安になった時プチーに読ませたり、もう自分自身が忘れてしまっている事柄について再確認する時にも便利です。
 
演習問題はほとんどついていないので、あくまでも参考書、教科書としてしか使えません。準拠版ワーク もありますが、我が家は使っていません。



 三年生三学期

三学期は、残っている三年生用の問題集を片付けるのに必死でした!

算術特訓(植木算など)はほとんどできず、結局、小数の計算分数の計算の復習、概数の復習などに徹しました。あまり進んだ感はありません。


ただ、二月ごろから、四谷大塚の予習シリーズを始めましたので、そのカリキュラムに乗っかって、毎週毎週算数を進めていくこととなりました。

この問題集は先取り問題集ではないため、ほとんど今まで既に塾の講習や自宅で学んだことをもう一度さらいなおすようなかたちで進めることができています。


ちなみに最初の方(四年生の問題集ですが、二月スタートなので最初の方は三年生の三学期に使います)の単元は

・線分図(和差算など)
・小数の足し算引き算
・計算のきまり

などでした。



[算数関連ページ]
一年生の算数

一年生の計算
二年生の計算

九九入門





                          
↑ページトップへ

[お気楽ママ先生と自宅学習]トップページへもどる

小学校低学年〜最初が肝心!まだまだ手をかけ見守りたい〜
体育系・音楽系・芸術系 算・国・理・社 生活

 ・逆上がり(完成編)
 ・アイススケート(入門編)
 ・二重跳びの練習(その1)
 ・二重跳びの練習(その2)
 ・腹筋・背筋・柔軟性
 ・倒立
 ・倒立ブリッジ
 ・ブリッジから起き上がる(前)
 ・ブリッジから起き上がる(後)
 ・迷路入門

 ・一年生の計算
 ・一年生の算数
 ・九九入門
 ・二年生の計算
 ・二年生の算数
 ・三年生の算数と計算
 ・一年生の漢字
 ・手話
 ・ことわざ入門
 ・なぞなぞ入門
 ・低学年のための社会科
 ・低学年のための立体


 ・一つ一つ丁寧に
 ・時間割は前日に
 ・学校の宿題
 ・身の回りの把握
 ・時間の使い方
 ・総合学習、雑学
 ・好き嫌いをなくすぞ!

Copyright(c)2005-2008 Sally All Rights Reserved. Since 2005.11.9