赤ちゃんのためのスイミングの必要性

お気楽ママ先生と自宅学習
>赤ちゃんスイミング(水泳)
*赤ちゃんスイミング(水泳)*

どこで読んだのか覚えてはいませんが、子供が三歳になるくらいまでは耳のつくりが未完成か、あるいは水中へ潜ることに適していないため、スイミングスクールへは通わせない方がよい、という記事を目にしたことがあります。

そのため、プチーは小さい頃は必ず浮き輪をしていましたし、水の中へ潜らせることはありませんでした。

そのかわり、水を恐がるようになってしまってはのちのち苦労するかもしれないから、と思い、生後数ヶ月(多分四・五ヶ月)の頃からシャワーを頭の真上から流したり、顔の真ん前からかけたりして、水に慣らすようにはしていました。

おかげでシャンプーも楽でしたし、もうちょっと大きくなってから、スイミングスクールにでも入れてやろう、と思っていた時、ちょっとした事件がありました☆

多分三歳になりたてか、もうすぐ三歳になる、という頃だったかと思います。元水泳コーチの友人に「お風呂で顔を水につける練習をすると良い」ときき、早速その晩試してみたのです。

湯船でお湯に顔をつけるように言いましたがなかなかジャブンとつける勇気がない様子のプチーは、顔は下を向けていましたが、顎をちょっとつける程度でどうしても顔全体をつけることができませんでした。

その時サリーは、やってしまいました。プチーの後頭部を軽くプッシュしてしまったのです。無事顔全体をお湯につけることはできたものの、プチーの表情は恐怖でかたまり、はげしく泣き始めました。

それ以来なんと一年以上、プチーは湯船のお湯には胸の下辺りまでしかつからなくなりました。冬場は寒いから肩までつかるように必死で説得しましたがどうしても聞き入れませんでした。(その頃はまだ、どうして肩までつかりたがらないのか、わけがわからずにいました)

水を恐がることのないように、と数ヶ月の頃から水に慣らしていたのに一晩にして、お風呂にすらまともにつかれない子になってしまいました。

ですがある日またもうひとつの事件があり、その問題はあっけなく解決されました☆

一人で湯船の中に立っていたプチーが足を滑らし、転倒したのです。派手に転んだため頭の上までびっしょり濡れました。サリーはとても驚きあせりましたが、なんとプチーは、大笑いしました。そしてその日から、肩までお湯につかれるようになりました。

そしてようやく気が付きました。水が恐くてお湯につかれなかったのか!と。もちろんサリーには心当たりがありましたから、すぐにぴんときました。なんて不注意だったんだろう・・・と後悔しましたが、結果オーライです。

その後やっとスイミングスクール適齢期がやってきたにもかかわらず、度重なる滲出性中耳炎のおかげでスイミングスクールには通えずにいました。

そして幼稚園年長の夏からスイミングスクールへ通いだしました。人それぞれとは思いますが、サリーの印象としては[遅ればせながらようやく]といった感じです。

ですが、みるみる進級し、もっと以前から通っているお友達数人(ほんの数人ですけれど☆)をぬいてしまう勢いです。結果論ですが、「焦って早く始める必要はなかったのかも」という印象です。

プチーの耳は中耳炎になりやすい耳なようなので、早くからスイミングスクールに通い始めていても、何度も中断したはずです。

もちろん早くから初めて、幼稚園のうちにバタフライまで四泳法全てマスターする子供もいるのですから、一概には言えません。

プチーの場合は赤ちゃんスイミングへは通いませんでしたが、泳げる泳げないにはそれほど関係なかったのでは、と感じています。(もちろんスイミングスクールで見かける二歳くらいの子供達は、みんなとっても楽しそうですから、耳のことが気にならず、楽しいひとときを過ごすという意味ではプールは最適だとも思っています)

あくまでもサリーの印象では、水泳教室へ通うのは少し遅めでも大丈夫ですが、まずは[水を恐がらないこと]と[基礎体力や筋力]を鍛えることが大切なのではないか、と思います。


[追記/幼稚園年長、冬]
結局この冬も滲出性中耳炎になり、スイミングスクールは退会しました・・・。春、暖かくなったらまた再開するつもりで親子ともども楽しみにしています。

[追記/小学一年生、春]
また通い始めました♪
「冬の間お休みしていたからきっと何もかも忘れてしまっているだろうと思います。」と先生に言い訳しましたら、初めてのレッスンの後、「体が覚えていたから大丈夫でしたよ〜。」と心強い返事が返ってきました。よかった☆

[追記/小学一年生、秋]
再び中耳炎により、スイミングスクール退会です・・・・。毎年これを繰り返しております・・・。

[追記/小学二年生、春]
再開です!今回も退会中のブランク(半年)により級が下がることはありませんでした。それどころか、勝手に5級も進級し、以前よりもかなり上の級から再開することとなりました。(詳しくは4/12のブログへ)




                          
↑ページトップへ

次のページ[トランポリン]へ進む

[お気楽ママ先生と自宅学習]トップページへもどる


三歳まで〜心と体の基礎を作る時期だからこそ妥協せず根気よく〜
体を鍛える・音楽を聴く・手先を使う 頭を使う 育児方針・生活習慣
  
 ・手足の運動(赤ちゃん体操)
 ・寒い日のお散歩
 ・長距離歩けるように
 ・赤ちゃんスイミング(水泳)
 ・トランポリン
 ・音楽を聴く
 ・一緒に歌おう♪

 ・折り紙 
 ・あやとり
  
 ・日本語での語りかけ
 ・絵本の読み聞かせ
 ・英語のお歌のかけ流し
 ・子守唄・お話(すばなし)
 ・積み木
 ・ブロック(レゴ他)
 ・ジグソーパズル
 ・地図・地球儀
 ・手当たり次第取り入れること
  
 ・育児方針を整理整頓
 ・一貫性を持つ
 ・だだをこねても無駄
 ・子供だましな嘘厳禁
 ・その気にさせる
 ・毎日コツコツ
 ・手を替え品を替え
 ・遺伝ではなく環境

Copyright(c)2005-2007 Sally All Rights Reserved. Since 2005.11.9