社会科に親しむきっかけは旅行のパンフ、時代劇、ごみ収集予定表、なんでもあり

お気楽ママ先生と自宅学習
>低学年のための社会
*低学年のための社会科*

学校では三年生からしか始まらない社会科ですが、身の回りには[社会科]に分類したくなる事柄があふれています。

時代物の好きなプチーですので、なんとかそこから[歴史]につなげられないものか、地図をみることによりなんとか[地理]につなげられないものか、とたくらんでいます。

ボランティアに関するテレビ番組、リサイクルに関する市からの配布物、、百人一首、俳句の本、など、なんでもかまいませんが、少しでも社会科に関係しそうなものは[社会]と位置付け、今から種を蒔いています。


歴史関係
地理関係

[歴史関係]
偉人の伝記
偉人の伝記は欠かせません。国を問わず、ちょんまげを結った人から巻き毛のカツラをつけたひとまでいろいろな時代や国の人たちの伝記を読んでやっています。
ポプラ社の[おもしろくてやくにたつ子どもの伝記]シリーズは前半部と後半部にわかれていて、半分は読み物として楽しめ、半分は知識を増やすためのクイズ形式になっていたりして、低学年にぴったりです♪

このシリーズは、読み物部分が本の半分しかありませんから、熱心に読み聞かせをしていた幼稚園の頃はどうも物足りなく感じましたが(お話が短くてすぐ終わってしまうのです)、プチーが自ら本を手にとり開くようになってからは、後半の[ものしりガイド]が多いに役に立っています。

話の筋に盛り込みにくい事実を雑学のような形で学べますし、クイズ形式の部分は文句無しに楽しめます。(なぞなぞやクイズはやっぱり楽しい♪)


                                ↑ページトップへ
お節句

また、季節のお祝い事も歴史を知るいいチャンスです。特にお節句はわかりやすいですから、忘れずに日々の生活に取り入れたいものです。五つのお節句のうち、人日は七草粥を食べる日としてあまりにも有名な日なのですが、毎年お正月気分のまま突入してしまい、まともにおかゆを食べたことはありません・・・。

もう一つの重陽というのも全くなじみがなく、こちらは素通りしてしまうのが常です。何をしていいのかもよくわからず・・・。(暦に関しては[こよみのページ]というホームページでとても詳しく紹介してあります。)

うちでは一月はお正月、二月はバレンタインと節分、三月は雛祭り、四月はイースター、五月は端午の節句、六月はなにもなくて、七月は七夕、八月はお盆、九月はお月見、十月はハロウィン、十一月はなにもなくて(本当はサンクスギビングを取り入れたいのにいつでも企画倒れ・・・)、十二月はクリスマス。
となんともおおざっぱな感じですが、行事ごとにその行事の由来や歴史に触れるよう心がけてはおります。(プチーの印象に残っているかは別問題ですけれど)


                                ↑ページトップへ 
百人一首

一家に一つは欲しい百人一首のカルタ。小倉百人一首のカルタでも色々ありますが、ある程度風情のあるものを、と思い、女性の着物姿がきれいな任天堂 百人一首を選びました。

教材用でしたらペラペラのもので千円ほどでもありますが、それではあまりにもさみしい・・・。かと言ってあまり上等すぎると、気軽に使う気がしません。(桐箱入りの百人一首もございます☆)

そこそこ[時代感]がただよい、ですが学校へもって行ったり、お友達とも気軽に遊べる百人一首が一つあると、便利です♪

プチーが幼稚園の頃一時期百人一首でよく遊びましたが、幼い子があの独独のイントネーションで句を読むのを聞くのはとてもほほえましくて楽しいものでした☆


                                ↑ページトップへ
[地理関係]
地球儀

地球儀はプチーが赤ちゃんの頃から、百円ショップの安っぽい小さいものを愛用しておりましたが、もうすぐ小学生、というころ、まともなものに買い換えました。

地球儀&天球儀は地球儀と星座と両方が楽しめる優れもので、星座の話からは古代ギリシャ神話へと話を膨らませることも可能です♪
英語にチカラを入れている我が家ですので、地名が英語のものにしました。日本語の地球儀はまだ持っていませんが、三年生になるまではこの地球儀のみでいこうと思っています。


                               ↑ページトップへ
地図帳

考える力がつく子ども地図帳 〈日本〉
本を開くよりも何よりもまず、付録のカルタで散々遊びました。

地名も特産品も工芸品も、何も知識などない状態ですが、とりあえず[聞いたことのある言葉]を増やしたくて、カルタを取らせたり読み札を読ませたりしながらとにかく遊びました。

カルタ遊び自体が好きなプチーですので、なにがなんだかさっぱりわからないうちからでも充分楽しめました。

プラス天才キッズの学力クイズ5×55のCDのかけ流しででてくる県庁所在地や島や川の名前をこの地図で調べたりすれば一気に興味が深まります!

漢字にも全てふり仮名つきで小1から一人で読めます☆
(と言ってもプチーが勝手にこの本を開いていることはほとんど見たことがなく、あるとすれば必ず阿蘇山(カルデラ)のページです。火山の中に住むようなこのスタイルがどうも興味深いようです)


英語の地図帳はTime for Kids World Atlasを使っています。この本に関しては[お気楽英語子育て]の<ワークブック[参考書/問題集]>のページで詳しくご紹介しています)


                              ↑ページトップへ 
旅行会社のパンフレット

これは絶えず最新のものを取り揃えております。プチーが赤ちゃんの頃からずっとです♪

世界各国、旅行に行く予定などないところのものも多くそろえております。特に値段の高いツアーのパンフレットは写真がきれいですのでながめてはため息をついたり感心したり。

だからどう、というわけでもないのですが、世界の国々に興味を持ってくれるのではないかなぁ、と期待しております。

教育というのは必ずしも何かから何かに直結するものではなく、色々な道をたどりながら知識や興味が、つながったりからみあったりするものと信じております。


[歴史関係関連ページ]
偉人の伝記
ことわざ入門

[地理関係関連ページ]
地図・地球儀
世界の国々




                          
↑ページトップへ

次のページ[低学年のための立体]へ進む

[お気楽ママ先生と自宅学習]トップページへもどる



小学校低学年〜最初が肝心!まだまだ手をかけ見守りたい〜
体育系・音楽系・芸術系 算・国・理・社 生活

 ・逆上がり(完成編)
 ・アイススケート(入門編)
 ・二重跳びの練習(その1)
 ・二重跳びの練習(その2)
 ・腹筋・背筋・柔軟性
 ・倒立
 ・倒立ブリッジ
 ・ブリッジから起き上がる(前)
 ・ブリッジから起き上がる(後)
 ・迷路入門

 ・一年生の計算
 ・一年生の算数
 ・九九入門
 ・二年生の計算
 ・二年生の算数
 ・一年生の漢字
 ・手話
 ・ことわざ入門
 ・なぞなぞ入門
 ・低学年のための社会科
 ・低学年のための立体


 ・一つ一つ丁寧に
 ・時間割は前日に
 ・学校の宿題
 ・身の回りの把握
 ・時間の使い方

Copyright(c)2005-2008 Sally All Rights Reserved. Since 2005.11.9