あれこれバランスよく働きかけそれぞれの相乗効果を狙います!

お気楽ママ先生と自宅学習
>手を替え品を替え
*手を替え品を替え*

プチーにしてやりたいこと、いろいろあります。

  ・を強くしたい
  ・英語を得意にしたい
  ・平面だけでなく立体にも強くしたい
  ・表現力を豊かにしたい

などなど、たくさんありすぎて、なにからなにまで制覇しようと思うと分刻みのスケジュールをこなすような毎日になってしまうかもしれません。同じことばかりで飽きてしまうかもしれません。

ですから

  ・[身体関係]
  ・「文系]
  ・[理数係]
  ・[音楽系]

とおおまかに分類し、そのなかでいくつもの取り組みをローテーションしながら組み合わせて、できるだけ飽きないように、できるだけ時間に追われずにすむように、と考えています。


例えば、今日は、[お散歩]と[ドラのビデオ(アメリカのアニメ)]と[積み木遊び]と[おままごと]と[松谷みよ子の本の読み聞かせ]をしよう、なんてなんとなく決めて(思いつきやその日の気分です)そういったことを取り入れながら一日を過ごします。

労力とコストの削減はサリーにとって一番の課題です。時間もお金も限りのあるものです。[安かろう悪かろう]も[手を抜いたおかげで失敗]も許されません。結果をかえず、いかに労力とコストだけを削減するかがサリーの腕の見せ所です♪


そうするためにはプチーを観察しつつサリーなりにひと工夫して、あの手この手で臨むよりありません。サリーなりのポイントは

  ・とにかく機嫌のいい時を選ぶ (集中させるため)
  ・数日続けて同じことをする (定着させるため)
  ・飽きる前に他のものにかえる (いい印象のまま終わるため)
  ・プランが却下されてもいいよう、いくつも代替案を用意しておく

ということです。



例えば毎日毎日数を数えながらクッキーを食べていたら、そのうち数を数えるのなんて面倒になってしまうかもしれません。「今日はやだ〜。」と言った時、アイデア不足のためにその日からもう、算数系の取り組みはできない、というのではさみしすぎます。

そんな時、「お部屋の中の、同じ形を見つけよう!」と四角いもの、丸いものを探してまわります。それにうまくプチーがのってきたら、その日の[理数系」の取り組みはクリアです☆

数を数えることと、形を認識することは全然違いますが、サリーは同じカテゴリーである[理数系」に分類してしまいました。このくらい大雑把でいい加減でなければとてもではないけれど毎日続けられませんから、こんな調子で毎日の生活に少しずつ、ですがさまざまな要素を取り入れるようにしていました。





                          
↑ページトップへ

次のページ[遺伝ではなく環境]へ進む

[お気楽ママ先生と自宅学習]トップページへもどる


三歳まで〜心と体の基礎を作る時期だからこそ妥協せず根気よく〜
体を鍛える・音楽を聴く・手先を使う 頭を使う 育児方針・生活習慣
  
 ・手足の運動(赤ちゃん体操)
 ・寒い日のお散歩
 ・長距離歩けるように
 ・赤ちゃんスイミング(水泳)
 ・トランポリン
 ・音楽を聴く
 ・一緒に歌おう♪

 ・折り紙 
 ・あやとり
  
 ・日本語での語りかけ
 ・絵本の読み聞かせ
 ・英語のお歌のかけ流し
 ・子守唄・お話(すばなし)
 ・積み木
 ・ブロック(レゴ他)
 ・ジグソーパズル
 ・地図・地球儀
 ・手当たり次第取り入れること
  
 ・育児方針を整理整頓
 ・一貫性を持つ
 ・だだをこねても無駄
 ・子供だましな嘘厳禁
 ・その気にさせる
 ・毎日コツコツ
 ・手を替え品を替え
 ・遺伝ではなく環境

Copyright(c)2005-2007 Sally All Rights Reserved. Since 2005.11.9