親と子のバイオリン

上達は自宅での練習次第!バイオリンのことなど何も知らない母娘の二人三脚バイオリン日記

音階練習

今までまともに音階を練習してきませんでしたが、いよいよ本格的な音階練習が始まりました。


例えばハ長調であれば、ドレミファソラシド、とあがって、ドシラソファミレド、とおりてきます。

そのあと、ドミソドドソミド、ドファラドドラファド、なんて和音を分解したように一音ずつ弾く分散和音が続きます。


音階練習の難しい所は、音の質をずっと同じに保っていないといけないところです。弓を動かす速さを一定にし、力ももちろん同じようにかけながら一音一音弾いていきます。

弓は速く動かすと速く動かしたような音しか出ませんし、ゆっくりだとそれなりの音しかでません。

左手の指をかえるのが難しい所なんかで、弓を動かすテンポが変わってしまったら、音がゆらゆら揺れてしまいます。

左手に気をとられること無く、そ知らぬ顔で右手を淡々と動かす、というのは、プチーには難しいことのようで、左手に力が入ると、右手にも力が入ってしまいます。



右手と左手は別々なんだから、といつも注意されています。




慣れてしまえば、どうってことの無い動きですが、まだまだ[均一な音]を出すのが難しいようです。



プチーには「鉛筆でものさしを使ってひいた線みたいに」と説明しています。

筆じゃダメ。かすれたり、ぼたっと重たかったり、色々だから。

鉛筆で、その上、ちゃんとものさしを使って、丁寧に書いた線みたいに弾こう、と、言って聞かせています。







次のページ[重音強化特訓]へ進む

[親と子のバイオリン]トップページへ


一年半、一種の転機

中耳炎と音程

音階練習

重音強化特訓

初めてのコンチェルト

ハ長調

二本目のバイオリン

ザイツのコンチェルト
(第2番)




プロフィール


Copyright(c)2005-2008 Sally All Rights Reserved. Since 2005.12