スペイン語を英語で学ぶことにより英語もスペイン語も磨けたら

お気楽英語子育て
>スペイン語(西語)を英語で学ぶ
*スペイン語(西語)を英語で学ぶ*
スペイン語を始めたきっかけ

英語だけでも精一杯でしたから、スペイン語を本格的に取り入れるつもりは全くありませんでした。ただ、随分昔にアメリカのカレッジで第二外国語としてスペイン語を選考し、しかも新婚旅行でスペインへ行ったサリーの家には何冊かスペイン語の本がありました。

スペイン語の発音は日本語に似ていると言われています。スペイン語は、ローマ字を読むような感覚で読めるため、プチーに、スペイン語版のリトルマーメイドを何度か読んでやったこともあります。

サリーのスペイン語力は、超超初心者レベルですから、本なんて読んでやっても、意味はもちろんわかっていません。親子でちんぷんかんぷん、でもなぜか、親子そろってスペイン語の魅力にとりつかれてしまいました。ただなんとなく、気に入った☆という感じです。

そして、プチーの大好きなドラがスペイン語を話しますから、ドラのおかげでスペイン語はさらにぐっと身近なものになりました。

赤ちゃんの頃から英語に親しんでいるプチーは、言語や国の違いを常に意識しているようです。日本語ではこう言う、英語ではこう言う、と、言い比べたりしては楽しんでいましたが、いつの頃からか、それに新たにスペイン語が加わりました。

日本語と英語は、なんとか両方うまく文章を組み立て、少なくとも意味がわかるくらいには表現できるにもかかわらず、スペイン語は、サウンドを似せて真似するだけで、いっさいまともなことは言えません。当たり前ですが、数や簡単な単語すら何一つ知らないのですから、スペイン語っぽい音を発することしかできません。

にもかかわらず、プチーのスペイン語の真似、とてもうまいのです。スペイン語にきこえるんのです。音やイントネーションやアクセントの感じをなんとも上手にとらえて再現できています。

そこで、思いつきました。スペイン語もやってみよう♪と。
                             ↑ページトップへ
取り組みの方法

プチーとサリーの会話は普段は英語ですから、スペイン語の教材を日本のものでそろえてしまうと、なんだかとてもややこしいことになってしまいます。日本語の書いてあるスペイン語の教材はきっと使いづらいだろうから、アメリカのスペイン語の教材を使うことにしました。そうすれば、スペイン語の取り組みをしている時でも、日本語を使わずに済みます。

この取り組みについて思うこと

スペイン語での取り組みは、スペイン語に興味のない方には関係ないかもしれません。ですがサリーがこれから、サリー自身が全然話せないスペイン語という言語に取り組み、その様子をご報告します☆

英語子育てでは、えらそうにしているサリーですが、スペイン語となると、英語と同じようには進まないはずです。かなり迷走しそうです。(英語が苦手だけど、英語での取り組みを頑張ってらっしゃる方々、サリーもこれからスペイン語をスタートします。いっしょに頑張りましょう♪)

そして、プチーはもうすでに四歳半をすぎています。英語での取り組みは赤ちゃんの頃からはじめましたから、それに比べるとかなり遅いスタートです。(特に言語系は、赤ちゃんの頃からはじめないと絶対うまくいかないみたいに言われることもあります)

ですが何をはじめるのでも遅すぎるなんていうことはありません。早いにこしたことないだけで、遅ければ遅いなりのメリットがあるはずです。

母語が随分確立してからのスタートですから、(この場合の母語には英語も含めます)それをうまく利用する形ですすめることができれば、と思います。
                             ↑ページトップへ
目指すレベル

目標は英語ほどは高くはありません。同じ年のメキシコ人の子供と同じ程度のスペイン語、とまでは考えていません。せめて

[子供向けのスペイン語のテレビ(ビデオ)を楽しめる程度]

にはなってくれればうれしいです。幼稚園のうちに、一ページに一文か二文程度の絵本であれば読めて、意味もわかるくらいになってくれれば、それで充分です。話すことよりまず、理解できることに重点をおいていくつもりです。

[追記/小1一学期]

小学生になりましたが、家にある簡単な絵本の意味が、その絵本に限ってわかる、というレベルにとどまっています・・・。正直言って小学生になってからはスペイン語の存在は忘れておりました。

サリー自身もプチーが幼稚園時代に続けていたスペイン語レッスンをやめてしまったため(先生と時間があわず泣く泣くやめました)更に親子共にスペイン語から遠のいてしまいました。

小学生以降は夏休み、冬休み、などの長期休みの時だけ少しずつ取り入れていくことにしました。普段はとてもではありませんが、スペイン語まで取り入れることができません。(英語も危うい状態です!)

夏休みに向け、少しずつ絵本を買い足しておかなくては、と準備を進めています。


最終的には、小学生の教科書レベルは読めて書けて、スピーキングに関しては小学一年生レベルに話すことできるくらいに持っていってやれれば、あとは、もし本人がスペイン語が好きであればもっと自由に勉強し、自分自身で自分の能力を高めていってくれるのではないかなぁ、と期待しています。

と言っても、これらは、サリーの妄想です。かなりぼちぼちペースですすんでいく予定ですから、どうぞたまにはサリーのスペイン語での取り組みのことを思い出してみてください。




                             
↑ページトップへ

次のページ「スペイン語教材/子供用」へ進む

[お気楽英語子育て]トップページへもどる



ブログ(日記)&掲示板 スペイン語での取り組み サリー自身の英語
  
お気楽英語子育てブログ(日記)
掲示板(BBS)
アンケート
サイトマップ

スペイン語を英語で学ぶ
スペイン語教材/子供用
スペイン語教材/大人用
サリー自身のスペイン語
スペイン語関係リンク集
  
英語力維持のための心がけ
メルマガ・メル友
アメリカのラジオ放送VOA
英語学習サイト



[お気楽英語子育てブログ][お気楽ママ先生と自宅学習][ママが先生☆自宅学習のススメ][親と子のバイオリン]

Copyright(c)2004-2007 Sally. All Rights Reserved. Since 2004.5.22