幼稚園年中時にたてた目標を卒園後に振り返ってみました

お気楽英語子育て
>幼稚園時代の理想と現実比較
その他の記録 *幼稚園時代の理想と現実比較*

サイト開設当初(2004年6月・プチー年中)に、

  これから幼稚園卒園までを、どんな風にすごしたいか
  どういう方向へプチーを導いてやりたいか


計画をたてました。幼稚園卒園までにこのくらいの英語力になっていたらいいのになぁ、というサリーの勝手な展望だったり願いだったりです。(つまり[理想]です)

そしてのちのちそれを読み返し、追記しています。(つまり追記は[現実]です)以下は、2004年(プチーが幼稚園年中)当初に書いた文章です。、黄緑色の枠で囲われているところはその後の追記です。

↓↓↓↓↓(ここからは2004年の文章です)
サリーは、英語を聞くことと同じくらい、英語を読むことも大切と考えています。

わざわざ三歳から、英語の読みを教えたのもそのためです。日本語と英語と同時進行の原則に従って(サリーが勝手に決めている原則です)少しずつ教えていきました。

遊びながら学ぶのが理想ですが、あえて問題集も導入しています。他のページでもご紹介していますが、[Teach Your Child to Read in 100 Easy lessons.]を使っています。字がびっしり、絵は少し(びっしり書いてある字は、教えてあげる側のセリフのための字で、子供が読むべき字は大きめですし、一度に沢山は書いてありません)の、絵本とは程遠い感じの本です。

使っている本は、本格的ですが、教えるのは母親であるサリー自身ですし、常に笑顔で気長に教えました。この本については、<ワークブック[参考書/問題集]><フォニックスの本のサリー流使い方>のページでもふれていますので、よかったらご覧ください。


年中夏休みくらいから英検5級の問題集を取り入れたいとも考えています。英検は問題が偏っているという理由から、今の英語教育の悪者扱いされることもありますが、サリーにとってはやはり英検は思い出深いものです。自分自身も受けていたのでプチーにも受けさせてみたいです。

[追記/幼稚園年中二学期

年中の夏休み、実際英検5級の問題集に取り組んでみました。大失敗でした!

いくつかある選択肢の中から、正しいものを選ぶ、というのは、想像していた以上に、高度なことだったようで、問題の趣旨自体を全く理解できない様子で、まさにプチーの頭の中は、「??????」という状態でした。英語はなんとか話せるようになってきているものの、英語力の問題ではありませんでした。

問題集を使うということにしばられてしまって、サリーの取り組み自体が失敗でした。もっと多方面からアプローチできたはずなのに、教材があるとつい教材だけに頼ってしまって、どの形式の問題を試しても全く理解していない様子に、完全にお手上げ状態でした。参考にする程度に考えていたはずがいつのまにか、問題を解かせることに一生懸命になってしまっていました。残念です。作戦負けしてしまいましたから、今度はもうちょっといい作戦でのぞまないいけません

[更に追記/幼稚園年中三学期

その後、その秋から再びチャレンジしました。問題を解くと言う意味では相変わらず正解率は低く、問題の意味自体が分かっていない様子ではありましたが、様々な単語と触れることを第一目標と考え、サリーが読むのではなくてプチーに自分で読ませる形で、毎日一ページずつ取り組みました。

3ヶ月ほどかけて取り組みました。プチーは嫌がる様子もなく、どちらかと言うと進んで自ら取り組んでいる様子ではありましたが、書くことに興味を持ち始めたため、英検の問題集はひとまずここで休憩し、書くこと、つまり発音からスペルを起こし、紙に書き留める、という作業に、より時間を割くことにしました。そしてこの頃、ハリーポッターという、絵本ではない初めての本格的な[本]の読み聞かせも始めました。

最初の目標どおり年長で英検四級の問題集にまでたどりつけるか、ちょっと不安ではありますが、「書くこと」がある程度軌道に乗ってくればまた英検の問題集にも取り組みたいです。


と言っても受け始めるのはまだまだ先です。5級で扱われている単語は最低わかっていて欲しい、と思って目安として5級の問題集を参考にするつもりです。

プチーは、絵本やビデオからかなりのボキャブラリーを身につけてはいますが、サリー自身がアメリカの物が好きで、サリーの取り組みは輸入物に偏ってしまっているため、あえて[日本での第二外国語としての英語教育]においてどういった単語や表現をまず学ぶべき、と考えられているか、その辺りのことも知っておきたいためにこれからも英検の問題集も使っていきたいと思っています。実際、プチーは日本で第二外国語としての英語を学んでいるんですから!

見る方向を変えると、「あんな難しいこと知ってるのに、こんな簡単なことをまだ知らなかった」というようなことが見えてくる事が多いものです。

年長になったら、英検4級の問題集を参考に、プチーの英語力にも幅をつけていきたいと考えています。(希望的観測☆)

[追記/幼稚園年長二学期]

結局英検は幼稚園年長の秋から受け始めました。十月に五級に合格し、一月には四級を受験する予定です。英検受験の様子は<英検5級体験記><英検4級体験記>で詳しくご紹介しています。まさか本当に幼稚園のうちに英検を受験することになるとは、思ってもいませんでした。

[追記/小1一学期]

結局幼稚園年長の時に英検四級に合格し、小1春に3級に挑戦しました。英検受験の様子は<英検3級体験記>へ記録しています。

[追記/小1二学期]

その後更に小1秋に準2級に挑戦しました。英検受験の様子は<英検準2級体験記>へ記録しています。



[お気楽英語子育て]トップページへもどる


三歳〜六歳まで (幼稚園時代の英語子育て) 〜好奇心旺盛だからどんどん吸収!
使用教材 具体的な取り組み 日々の様子
セット教材
引き続きワールドファミリー
  
絵本
幼稚園時代の絵本[単品]
幼稚園時代の絵本[シリーズ展開]
年長時代の絵本[シリーズ展開]
 
自力で読ませたい絵本
   
チャプターブック(絵のない本)
幼稚園時代のチャプターブック
             [単品]
幼稚園時代のチャプターブック
         [シリーズ展開]
ビデオ・DVD
幼稚園時代のビデオDVD[短編]
幼稚園時代のビデオDVD[長編]

  
その他
ワークブック[参考書/問題集]
英英辞典
季節別絵本
リープパッド
年代別取り組み
入園後(日本語英語共に育てたい)
入園後[年中](バランスを大切に)
入園後[年長](読む力をつけたい)


目的別取り組み
聞くこと(二ヶ国語ビデオ)
読むこと(本で学ぶフォニックス)
読むこと(暗唱/CTP) 
話すこと


英語<で>学ぶ
科学(身の回りの不思議)
宇宙・星座

  
あやとり(string figures)
チェス


英語教育いろいろ体験談
英語は四歳半から/セブンさんの場合
年代別日々の様子
幼稚園 年少(前半)
幼稚園 年少(後半)
幼稚園 年中(前半)
幼稚園 年中(後半)
幼稚園 年長(前半)
幼稚園 年長(後半)

  
幼稚園年長/英検5級体験記
幼稚園年長/英検4級体験記
  
その他の記録
幼稚園時代の

     プチーのボキャブラリー

プチーのおはなし
幼稚園時代の理想と現実比較




[お気楽英語子育てブログ][お気楽ママ先生と自宅学習][ママが先生☆自宅学習のススメ][親と子のバイオリン]

Copyright(c)2004ー2008 Sally. All Rights Reserved. Since 2004.5.22