親と子のバイオリン

上達は自宅での練習次第!バイオリンのことなど何も知らない母娘の二人三脚バイオリン日記

バイオリン初レッスン

いよいよプチ−の初めてのバイオリンレッスンの日がやってきました。

サリーなりに万全の準備で行ったつもりです。これからも、自宅でサリーがしてやれることは出来る限り自力で済ませるつもりでいます。(勉強でも予習復習が大切です☆)

貴重なレッスンの時間は、先生が一緒でないとできないことをさせてやりたいと思っています。


レッスンが始まりました。

サリーががんばって調整していったバイオリンでしたが、まだまだまともに弾ける状態ではなかったらしく、かなりの時間をかけ先生が調律しなおしてくださいました。

[駒]の立て方は大成功だったらしく「まさか自分で立ててきてくれるとは思ってもいなかった、」と誉められました♪

先生による調律が終わると、まずは立ち方、バイオリンの構え方を教わりました。

足を肩幅に開いて、とか左肩を少し前に出して、とか顔は少し左斜め後ろを向くような感じで、とか色々一度に注意されます。

ですが、プチ−はこっちを正すとあっちがゆがみ、あっちを正すとこっちがゆがみ、となかなかうまく構えることができませんでした。

散々構え方を練習したのち、弦を指で弾く[ピッチカート]の仕方を教わり、家でも練習してくること、という宿題がでました。

この後バイオリンのしまい方(バイオリンケースへの入れ方)を教わり、レッスン終了です。

にも松脂にも、触りもしませんでした・・・。

弓はいつから使えるのか尋ねてみたところ、顎の下にしっかりとバイオリンをはさみ、手で支えなくても顎の力だけでバイオリンを持つことが出来るようになってから、だそうです。

「今日からは顎の下に辞書をはさんで遊んでね〜。」

と言われ、驚いてしまいました。まずは顎の筋トレをしないといけなかったなんて。顎の筋トレをさぼってはいつまでたっても弓を持たせてはもらえないとわかり、帰宅後早速辞書をプチ−に渡し、はさませてみました。

そして自分でもはさんでみました。大人なら楽にできるかも、と思いきや、意外と首と鎖骨が痛くて、大変です。

これから先、上手に弾けるようになるまでの道のりはかなり長そうだと、あらためて実感しました。




次のページ[松脂って大切!]へ進む

[親と子のバイオリン]トップページへ


バイオリンを
弾いてみたい


バイオリン購入

子供用
分数バイオリン


バイオリン到着

弓で弾いてみたら

バイオリン
初レッスン


松脂って大切!

難しい・・・
弓の持ち方


弓の体操
アップ&ダウン


弓を三分割
(先弓・中弓・元弓)


弓を二分割
(半弓・全弓)


ひたすら
ボーイング


左手の構え方

左手の指先で
弦を押さえる(1)


左手の指先で
弦を押さえる(2)


左手の指先で
弦を押さえる(3)


弦の移動/移弦

バイオリンの和音
/重音


イ長調


プロフィール


Copyright(c)2005-2009 Sally All Rights Reserved. Since 2005.12