親と子のバイオリン

上達は自宅での練習次第!バイオリンのことなど何も知らない母娘の二人三脚バイオリン日記

バイオリンを弾いてみたい

バイオリンを間近で見たことすらなかったサリーとプチ−ですが、ちょっとかっこいいその立ち姿と、物悲しい音色に魅せられました♪

そしていよいよプチーがバイオリンを習い始めることとなりました。

ただでさえお稽古の多いプチ−ですし、労力もコストも最小限に抑え、なおかつバイオリンもうまく弾けるようになって欲しい☆


そしてプチ−のレッスンへ[ただの付き添い]のふりをしてもぐり込めるサリーは実は自分自身も弾く気満々です。バイオリンを習う子供の親だというだけで無料でその技術を学べるのですから、この機会を最大限に生かしていくつもりです。

プチーの自宅での練習を効果的なものにしてやりたいですし、自分自身の知識にもなるのですから、レッスンには必ず毎回付き添い、熱心にノートをとっています。


コストと労力削減に力を発揮してくれるのはインターネットからの情報でもあります。とは言っても早速[バイオリン]と検索をかけて調べてみましたが、なかなかサリーの知りたい情報がすんなりとは出てきませんでした。

楽器店のホームページは情報が充実しているものもありましたが、知りたい情報を集めようと思うと複数のページを行ったり来たりしなくてはならなかったりして、なかなか情報収集もはかどりません。

そこでサリーが疑問や不安に思ったことを解決してくれたホームページをご紹介しつつ、バイオリンど素人親子、サリーとプチ−がバイオリンを少しずつ上手に弾けるようになる様子を記録してみようと思いつきました。

バイオリンなんて手にとってみたこともないけれど、弾いてみたいなぁ、と考えている方がいらしたら、是非サリー達にお付き合いください♪

まだまだこれからですが、だからこそ、とんでもなく基本的なことからひとつひとつ学んでいけたらと思っています。そしてバイオリンを独学で学んでみたいという人達にも是非参考にしていただけたらうれしく思います。

プチーの愛器は鈴木バイオリンNo.200です。決して上等ではありませんし、品質という意味ではきっとかなり低いものなのだろうとは思いますが、それでも先生が弾いてくださるといい音がします☆

バイオリンのサイズが小さいこともあり、音色が少々キンキンと耳に障りますが(先生のバイオリンはボワンボワンと深く響きます)とにかく念願のバイオリンを手に入れ、親子ともに大満足しています♪
鈴木バイオリンNo.200




次のページ[バイオリン購入]へ進む

[親と子のバイオリン]トップページへ戻る


バイオリンを
弾いてみたい


バイオリン購入

子供用
分数バイオリン


バイオリン到着

弓で弾いてみたら

バイオリン
初レッスン


松脂って大切!

難しい・・・
弓の持ち方


弓の体操
アップ&ダウン


弓を三分割
(先弓・中弓・元弓)


弓を二分割
(半弓・全弓)


ひたすら
ボーイング


左手の構え方

左手の指先で
弦を押さえる(1)


左手の指先で
弦を押さえる(2)


左手の指先で
弦を押さえる(3)


弦の移動/移弦

バイオリンの和音
/重音


イ長調


プロフィール


Copyright(c)2005-2009 Sally All Rights Reserved. Since 2005.12