親と子のバイオリン

上達は自宅での練習次第!バイオリンのことなど何も知らない母娘の二人三脚バイオリン日記

難しい・・・弓の持ち方

弓は意外と重いものです。それを右手の指の先だけでもたなくてはいけません。しかもお箸の持ち方にも鉛筆の持ち方にも何にも全く似ていない独自の持ち方です。

ですが弓を自在に操れなければもちろんうまく弾くことなどできません。

先生に何度も説明して頂いて練習してみても、帰宅後持たせてみると、「あれ?これでよかったんだっけ?」とサリー自身もよくわからなくなってしまいます。先生の話をしっかりきいているつもりでもうろ覚えです。

そんな時、写真があればとてもよくわかります。


・佐々木バイオリン製作工房のホームページではマイスターのQ&Aというコーナーで管理人の佐々木さんが二百近い数の質問に答え、Q&Aにまとめてあります。その中の一ページ<楽器の理論的な持ち方>というページでは何枚もの写真を使って、バイオリンの構え方、弓とバイオリンの角度など詳しく解説してあり、とても参考になります。


・バイオリンワンポイント教室<弓の持ち方>では写真は少し見にくいものの、文章できちんと弓の持ち方が説明されています。

写真をみて、説明文を読んで、自分で持ってみると少しずつ、正しい弓の持ち方がつかめてきます。


サリーは大人ですのでそうでもありませんが、プチーは弾いているうちにすぐ弓の持ち方がくずれてしまいます。変な癖がついてしまわないように、とにかくマメになおしてやる他ありません。

  ・親指はつっぱっていないか
  ・小指は反っていないか
  ・中指と薬指の間が開き、指がばらばらに離れていないか
  ・人差し指の第一関節と第二関節の間に木の部分があたっているか
  ・棒を握り締めるようにぎゅーっと握ってしまっていないか

などがポイントです。プチーの周りをうろうろし、右からも左からも後ろからも上からも下からも、と色々な角度からチェックします。

プチーの変な持ち方に見慣れてしまうと、すぐサリーまで訳がわからなくなってしまいますから、そんな時は写真でチェックし、正しい持ち方を再確認します。

新しいバイオリン教本(1)にもしつこいくらい写真がのっています。弓の持ち方に関しては、正しい持ち方の写真が2枚、悪い持ち方の写真がなんと12枚!)





次のページ[弓の体操アップ&ダウン]へ進む

[親と子のバイオリン]トップページへ


バイオリンを
弾いてみたい


バイオリン購入

子供用
分数バイオリン


バイオリン到着

弓で弾いてみたら

バイオリン
初レッスン


松脂って大切!

難しい・・・
弓の持ち方


弓の体操
アップ&ダウン


弓を三分割
(先弓・中弓・元弓)


弓を二分割
(半弓・全弓)


ひたすら
ボーイング


左手の構え方

左手の指先で
弦を押さえる(1)


左手の指先で
弦を押さえる(2)


左手の指先で
弦を押さえる(3)


弦の移動/移弦

バイオリンの和音
/重音


イ長調


プロフィール


Copyright(c)2005-2009 Sally All Rights Reserved. Since 2005.12