親と子のバイオリン

上達は自宅での練習次第!バイオリンのことなど何も知らない母娘の二人三脚バイオリン日記

ビバルディイ短調までついにきた!

いよいよビバルディイ短調までやってきました。この曲はプチーもサリーも大好きな曲です。発表会で弾いてみたかったなぁ。

盛り上げたり盛り下げたり、見せ場がいくつもあります。

徐々に盛り上げたり、どど〜んと盛り上げたり、それにそなえてぐんと抑えたり。それをその場その場で切り替えていくのは大変なことでした。

盛り上げるのであれば、盛り上げるちょっと前から心の準備をしておかないといけません。前もって備える、ということができず、何度も何度も先生から「もっと考えて弾きなさい」と注意を受けました。

また、指がこんがらがるような動きも多かったので、苦手な部分だけを取り出しての[部分練習]をとことんしていかないと弾けない曲でもありました。

そして、長い曲でもありましたから、最後まできちんと弾ききることの難しさも教えてくれました。

部分練習でいくら上手に弾けても、それをつなげていくと、崩れてしまう。これの繰り返しでした。

言葉は悪いですが、プチーの頭の悪さを痛感した曲でもありました。


うっかり屋さんにはツライ曲です☆



プチーの弾く演奏を録音したはずなのですが、うまく見つかりません・・・。見つかり次第こちらでご紹介しようと思っています♪





[親と子のバイオリン]トップページへ


2楽章の弾き方

新しいバイオリン
教本2終了


ポジション移動

ザイツの
コンチェルト
(第5番)


フラジオレット
(ハーモニクス)


ポジション移動
付きの曲


ビバルディイ短調
までついにきた




プロフィール


Copyright(c)2005-2009 Sally All Rights Reserved. Since 2005.12