親と子のバイオリン

上達は自宅での練習次第!バイオリンのことなど何も知らない母娘の二人三脚バイオリン日記

指の先で弦を押さえる

バイオリンの弦は、指の腹で押さえてはいけません。指の一番固い所、つまり指の先でおさえなければいけません。

ですが指の先で何かを押さえるというのは意外と難しいのです・・・。プチーはつい指の腹を使ってしまいます。その方が力が入りやすい様子です。

指の腹はぷくぷくしていてやわらかいので、音程が定まりません。しゃきっとした歯切れのいい音も出ません。


机をたたいて指をトントンと鳴らす時、指の腹で出す音と、指の先で出す音が違うのと同じように、バイオリンの場合も、指の先を使った方がポンっとはずむいい音がでます。


机の上をたたく時のように、弦の上に、勢いよく[トン!]と指を置くように、と言われつづけていますが指の腹を、のんびり置くプチーです。

べた〜っとして見た目もどうもかっこ悪いのでやめて欲しいのですが、毎回気をつけるしかありません・・・。もっと前から心がけておくべきだったのかしら・・・。




[親と子のバイオリン]トップページへ

1の指を残して

音楽らしく

ニ長調


ト長調

バイオリンのスラー


鈴木鎮一
指導曲集1終了


指使いより弓使い

重々しく
VS弾むように


弓の毛の張り具合と
松脂


弦の交換

長い音と細かい音

フォルテとピアノ

バイオリンを
弾く意義


指の先で
弦を押さえる

憧れの曲
リュリのガボット


細かいテクニックは無視


プロフィール


Copyright(c)2005-2008 Sally All Rights Reserved. Since 2005.12